九州大学工学研究院工学府とルンド大学
九州大学

ルンド大学工学部と九州大学工学研究院とのダブルディグリープログラムについて

ルンド大学と九州大学は2010年よりダブルディグリーの協定を結んでいます。九大とルンド大の大学院に通算3年間在籍することにより、両大学から修士号を取得することが可能です。二つの異なる国の大学の修士号を取得するだけでなく、北欧スウェーデン(九州大学学生)あるいは極東アジア日本(ルンド大学学生)という異なる文化圏で高等教育を受けることで、これからの国際舞台で活躍できる高度な能力を備えた人材を育成することを目指しています。

  • 他大学に検定料、入学料および授業料を支払う必要はありません。
  • 修士論文は九大で作成(英文)し、ルンド大と九大の両方で試問を受けます。
  • 単位の互換が可能です。

introduction02

ルンド大学と九州大学の高等教育システム

ルンド大学はヨーロッパの多くの大学と同様に学士課程と修士課程を通した5年間の一貫教育を行っています。その中でいくつかの分野について2年間の独立した国際コース(修士課程)が設けられています(例:Building & Environmental Technology 学科の国際コース“Water Resources Engineering”)。 ダブルディグリープログラムで九大生が応募できるのはこの国際コースに限られます。一方、九州大学の高等教育システムは、4年間の学士課程と2年間の修士課程からなる2サイクルシステムをとっていて、ルンド大生は工学研究院に設置されている全ての修士課程国際コースに応募することが基本的には可能です。

ルンド大学の修士課程は九大と同様2年間ですが、九大と比べるとClassworkに重点が置かれていて、Classwork-orientedの傾向が強く(ただし博士課程は4年間)、講義内容も演習や実習を多く取り込んだものになっています。一方、九州大学の修士課程では研究に携わる時間が多くResearch work-orientedの傾向が強いと言えます。

 

introduction01

▲ページトップへ戻る