九州大学工学研究院附属国際教育支援センター

2020年度/令和2年度教育の質向上支援プログラム報告

UQ-KU Education Forum 2020

九州大学工学研究院及び農学研究院は、九州大学の「教育の質向上支援プログラム(NEEP)」の助成を受け、平成30年および令和元年にはクイーンズランド大学(以下UQ)に若手教員を派遣して教育研修を実施し、令和元年および令和2年にはUQの教員との連携のもとFDを実施しています。令和元年には、UQより教員研修の専門家2名を招いて「英語によるSTEM教育に関するFD」を実施しましたが、2回目となる今年は12月10日および11日の2日間、コロナ禍の社会状況により、FD「UQ-Education Forum 2020 −Teaching effectively in the time of COVID-19−」をオンラインで開催し、双方の大学から多数の教員が参加しました。

初日(12月10日)では、最初に双方の代表教員より、それぞれの大学のコロナ禍における教育への取組が紹介されました。九州大学からは、教育改革推進本部の深堀聡子教授より「Moving towards a learning systems paradigm with and beyond COVID-19」というタイトルで発表が行われました。その後、UQの教育イノベーション研究所(ITaLI)教育主任のLydia Kavanagh教授より、「Responses to COVID-19: evaluation of student performance and issues」と題して、コロナ禍でのオンライン教育における学生評価の大きな課題に関する同大学の取組の共有がなされました。さらに、UQ理学部の教員2名によるウィズコロナ時代の最新の教育実践の事例発表がありました。まず、Sara Herke講師より、ハイブリッド型での大規模クラスの授業に関する「Teaching large classes in flexible mode」というタイトルの発表が行われた後、Jack Wang准教授より、ビデオライブラリーを用いた実験スキルを構築する方法論に関する自らの授業の事例紹介がありました。

二日目(12月11日)では、最初にUQ機械鉱山学部の野北和弘教授より、UQと九州大学間の研究・教育協力を強化すること、およびオーストラリアと日本との国際的な研究・教育連携を推進することを目指した「UQ-KU研究教育交流プロジェクト」のこれまでの活動報告がなされました。その後、双方の大学の4名3組の教員による教育実践の事例紹介が行われました。まず、九州大学工学部機械工学部門の渡邉聡教授および教育改革推進本部の深堀聡子教授より、機械工学部門でのプログラムレベルの教育実践に関して「Assessment of Program Level Learning Outcomes」という報告発表、また、機械工学部門のJames Cannon准教授より「Teaching Technical Subjects Online」というタイトルで、担当科目のオンライン授業の実践に関する紹介がありました。UQからはJoel Corney講師より、オンラインでの物理実験指導の実際について「Teaching laboratories online in physics」というタイトルで発表がなされました。その後、双方の教員の参加のもと「Opportunities for collaboration」というオンラインでの交流会が実施されました。

昨年に引き続き、九州大学からは工・農学部以外の複数の学部からも教員が参加し、両日とも活発な質疑が行われました。今回のFDは、アフターコロナの時代を見据えた新しい教育の手法について学ぶ絶好の機会になったことと思います。NEEPは本年度が最終年度となりますが、今後もUQとの連携による教育の質向上のプロジェクトを推進していきます。