アイコン Japanese     アイコン English
アイコン

*メインメニュー

The University of Queensland Japanese Program for Industrial Experience

Select a year for more information:

| 九州大学工学系国際交流センター | 2020.08.18


Next Enhanced Education Program

Collaboration between the Faculty of Engineering and the Faculty of Agriculture “Faculty development for STEM education in English”

The Faculty of Engineering at Kyushu University (KU) together with the University of Queensland (UQ) have been engaged in the University of Queensland-Kyushu University Research and Education Exchange Project (“UQ-KU project”), coordinated by Prof. Kazuhiro Nogita of the UQ Mechanical and Mining Engineering department. Since 2015, students from KU have had the opportunity to spend several weeks at UQ through the “Q2PEC” program, and since 2017 the UQ-JPIE (University of Queensland-Japan Program for Industry Experience) has been implemented for UQ students visiting KU. In addition, in cooperation with the Faculty of Agriculture, young faculty have been dispatched to the University of Queensland for educational training since 2018, with the support of the New Education Enhancement Program (NEEP). Continuing the two-year NEEP program, a teacher training expert was invited from UQ to participate in the “Faculty Development for STEM Education in English” workshop on the 17th and 18th of December, 2019.

The first day of the workshop on the 17th of December was divided into two parts: “Teaching and learning in higher education in Australia” and “Extending the horizons of English medium instruction”. It was an opportunity to review the teaching methods for interactive lessons in English. Although it was a workshop on STEM education, in addition to the faculty members of the Faculty of Engineering and the Faculty of Agriculture, faculty members of various other departments participated, including lively questions and discussion between the presenters and participants. It was an opportunity for participating teachers to learn various ideas that could be used for future education.

Prof. Kazuhiro Nogita

 

Prof. Lydia Kavanagh

 

Mr. Pablo Riveros

 

Dr. Fiona Wiebusch

 

In the morning of the 2nd day (18th of December), a workshop entitled “New Approaches in STEM Education”, titled “How to flip a classroom and land on your feet” was held by Prof. Lydia Kavanagh, a leading professor of blended learning for STEM subjects in a large classrooms with extensive experience at UQ. The workshop itself was an example of blended and active learning. UQ, with support from the Office of Learning and Education (OLT) of the Australian Ministry of Education, implemented a flipped classroom education development project specialising in science and technology from 2012 to 2017, and Professor Kavanagh was one of the main faculty members of the project. It was a very valuable opportunity for the attending faculty members to receive guidance directly from one of UQ’s leading educators.

In the afternoon, follow-up training was conducted for teachers who participated in education training at UQ in 2018 and 2019. Participating teachers were able to look back at the training they received then and acquire new knowledge and skills for conducting interactive classes in English. In addition, each teacher set goals for how to use what they learned in future classes.

The Faculty of Agriculture and the Faculty of Engineering of Kyushu University were selected for the Internationalisation Development Project “Global 30” in 2010, and opened English-language bachelor courses ahead of other universities. Going forward, through such opportunities such as this faculty development workshop, we will continue to study to develop high-quality faculty members who can engage in world-level education practises.

The 2nd New Enhanced Education Program young faculty visit to the University of Queensland

The Faculty of Engineering at Kyushu University in cooperation with the Faculty of Agriculture, has been supported by the two-year New Enhanced Education Program (NEEP) since 2018, and has conducted overseas training for young teachers at the University of Queensland, Australia. Taking place on the St. Lucia campus in 2019, faculty members from the Faculty of Agriculture and Faculty of Engineering spent 5 days from the 16th to 20th of September at the University of Queensland. Continuing from last year, the purpose of this training was to help faculty learn how to teach STEM subjects interactively in English, and to learn about the latest teaching methods such as blended learning using ICT at the University of Queensland.

On the first day of the program, a workshop was held by UQ Mechanical and Mining Engineering faculty and hosted by the UQ-KU Project (University of Queensland-Kyushu University Research and Education Exchange; coordinator: Prof. Kazuhiro Nokita). Discussion between university teachers took place.

In the afternoon of each day, interactive lectures in English were conducted with the cooperation of the Institute for Continuing & TESOL Education (ICTE) and the Institute for Teaching and Learning Innovation (ITaLI). Intensive training was held.

During this training, two other lecture tours in the morning and a workshop entitled “A Blended Approach to Teaching and Learning” was held by staff of ITaLI.

On the last day, all participating faculty members conducted a micro-teaching model lecture, utilising what they had learned in the training, and then a certificate of completion was presented by Dr. Fiona Wiebusch; the senior teacher in charge of the curriculum. This was followed by a small party to celebrate completion.

Although it was a short five-day training, in a limited amount of time the faculty were able to learn many techniques for conducting interactive classes in English. According to the questionnaire after returning to Japan, they were very satisfied with the training content, and many respondents wanted to use what they learned immediately after returning to class the following semester at KU.

The 1st New Enhanced Education Program young faculty visit to the University of Queensland

From September the 17th to the 21st, 2018, the first New English Education Program conducted its first overseas training program for young academics at the University of Queensland in Brisbane, Australia at the St. Lucia campus. A total of 12 academics took part, from the School of Agriculture (4) and School of Engineering (8).

The aim of the training was to master English-language interactive teaching of STEM subjects and learn more about the latest teaching techniques in use at the University of Queensland. This included lectures and hands-on experience of blended classrooms utilising information technology and other cutting-edge educational methods. The program was supported by the UQ-KU project (the University of Queensland – Kyushu University research and education exchange program; co-ordinator: Prof. Kazuhiro Nogita), the Institute of Continuing & TESOL Education (ICTE) and Institute for Teaching and Learning Innovation (ITaLI). With this support the academics were able to experience high-quality training.

On the first day at UQ there was a welcome party at the school of mechanical & mining engineering, then every afternoon there were intensive classes on two-way communication style teaching. During the mornings visits to view two lectures at UQ were arranged, as well as a workshop from ITaLI faculty entitled “A blended approach to teaching and learning” and other demonstrations about cutting-edge e-learning methodologies from the Centre for eLearning Innovations and Partnerships in Science and Engineering (eLIPSE). On the final day all 12 academics were given the opportunity to demonstrate what they had learned by conducting a demonstration lesson.

Other areas of education training ongoing in partnership with the University of Queensland include the Q2PEC program, running since 2015, where Japanese students have the opportunity to stay at UQ for English-language training, and the University of Queensland-Japan Program for Industry Experience (UQ-JPIE), where UQ students visit Kyushu University and nearby industry, providing a wide range of opportunities for international exchange.

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2019.01.31


教育の質向上支援プログラム(NEEP)

令和元年度:工学研究院・農学研究院連携「英語によるSTEM教育に関するFD」

九州大学工学部とクイーンズランド大学では、UQ-KUプロジェクト(クイーンズランド大学(以下UQ)—九州大学研究教育交流、コーディネーター:野北和宏教授)による支援を受け、平成27年より日本人学生の派遣プログラム「Q2PEC」、平成29年よりオーストラリア人学生の受入プログラム「UQ-JPIE(University of Queensland-Japan Program for Industry Experience)」を実施し、双方の学生間交流を展開しています。さらに、平成30年からは「教育の質向上支援プログラム(NEEP)」の助成を受け、農学部との連携によりクイーンズランド大学に若手教員を派遣し、教育研修を実施してきました。2年間のプログラムの総括として、令和元年12月17日と18日の2日間、UQより教員研修の専門家を招いて「英語によるSTEM教育に関するFD」を実施しました。

DAY1(12月17日)では、第一部「Teaching and Learning in Higher Education in Australia」においてはUQにおける世界トップレベルの教育を実現するための取組を、第二部「Extending the horizons of English medium instruction」においては英語でインタラクティブな授業をするための教育手法を、それぞれ概観しました。STEM教育がテーマのFDではありましたが、主催の工学部、農学部所属の教員以外にも様々な学部所属の教員が参加し、発表者と参加者の間で活発な質疑応答がなされるなど、参加教員にとって今後の教育に活かせる様々なアイデアを得る機会となりました。

 

野北先生

 

Kavanagh先生

 

 Riveros さん

 

Wiebusch 先生

DAY2(12月18日) の「New Approaches in STEM Education」では、「How to Flip a Classroom and Land on Your Feet」というタイトルで、UQで展開される大規模クラスルームにおけるSTEM科目のためのブレンド型学習の最先端の教授法を、ワークショップの形式で学びました。UQでは、豪州連邦教育省の学習教育局(OLT)の助成を受け、理工系に特化したFlipped Classroom教育開発プロジェクトを2012年から2017年に実施しています。今回指導いただいたLydia Kavanagh教授は、同プロジェクトの主担当教員の一人です。参加教員にとって、UQの代表的な教育者から直接指導を受けることができるたいへん貴重な機会となりました。

午後には、平成30年と令和元年にUQでの教育研修に参加した教員を対象に、フォローアップ研修が実施され、研修参加以降の振りと共に、英語でインタラクティブな授業を行うための新たな知識やスキルを身につけました。さらに、学んだことを今後の授業でどのように活かしていくか、それぞれの教員が目標設定を行いました。

九州大学農学部と工学部では、平成22年に国際化拠点整備事業(グローバル30)の採択を受け、他大学に先駆けて学士課程での国際コースを開設して、今年10年目を迎えました。今回のFDのような機会を通じて、世界に伍する質の高い教員を育成するために今後も研鑽を重ねていきます。


30年度:教育の質向上支援プログラム

平成30年9月17日〜9月21日の5日間、「教育の質向上支援プログラム(NEEP)」による第1回「若手教員のための海外研修」を、オーストラリアのブリスベン市に位置するクイーンズランド大学のセントルシアキャンパスで実施しました。農学部と工学部の合同の取組である本研修には、農学部より4名、工学系の学部より8名の計12名の若手教員が派遣されました。

本研修は、「英語による双方向型のSTEM科目の指導法」の体得と、クイーンズランド大学において展開されるICTを利用したブレンド型学習など最新の教育手法に触れることを目的とし、「UQ-KUプロジェクト(クイーンズランド大学—九州大学研究教育交流)(コーディネーター:野北和宏教授)」の支援を受け、さらに語学教育機関「Institute of Continuing & TESOL Education (ICTE)」と「Institute for Teaching and Learning Innovation (ITaLI)」の協力を得ることで、質の高い教育研修を実現することができました。
プログラムでは、初日にUQ機械鉱山学部による歓迎会が開催され教員同士の交流が行われ、午後からは、毎日5時間に渡り双方向の講義をするための集中研修が行われました。午前中には2回の講義見学、ITaLIの教員によるワークショップ「A blended approach to teaching and learning」、Centre for eLearning Innovations and Partnerships in Science and Engineering (eLIPSE)による最新のeLearningのデモンストレーションなどを実施しました。プログラムの最終日には、研修の集大成として12名の参加教員全員によるMicro-teaching(モデル講義)が行われました。

九州大学工学部とクイーンズランド大学との間では、この度の教育研修以外にも、平成27年より日本人学生の派遣プログラム「Q2PEC」、平成29年よりオーストラリア人学生の受入プログラム「UQ-JPIE(University of Queensland-Japan Program for Industry Experience)」を実施しており、幅広い交流を展開しています。

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2019.01.31


大連理工大学 中日大学学生友好交流大会参加者募集

大連理工大学開校 70 周年記念行事の一環として中日大学学生友好交流大会が実施されます。日本より学生400名が参加し、大連理工大学の学生との交流を通し、中日両国間の同窓生の連帯感と友情の育成を目指します。

この大会への参加者を募集いたします。

●実施期間:2019年4月29日(月)-5月6日(月)

●実施場所:大連理工大学(中国・大連市)

●募集学生:九州大学工学部(府)・共創学部に在籍している日本人学生

●募集人数:10名程度

●参加費用:大連までの往復旅費・海外旅行保険・個人的なお小遣い(宿泊代・食事代・授業料金等は大連理工大学負担)

詳細は、募集要項プログラム申込書をご覧下さい。

募集〆切りは2019年2月11日(月)17時までです。

沢山の方のご応募をお待ちしております。

| 九州大学工学系国際交流センター | 2019.01.24


H30 Q2PEC報告会実施

H30 Q2PEC報告会および意見交換会を下記のとおり開催いたします。

日時:2018年10月9日(火)

報告会 18:30~19:30

意見交換会 19:45~21:00 (軽食あり)

場所:伊都キャンパス 亭亭舎

参加を希望される方は下記に氏名・所属を書きこちらにお送り下さい。

沢山の方のご参加をお待ちしております。

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2018.10.03


ロードアイランド大学デューリー学長による特別講演

平成30年8月6日に実施されます、ロードアイランド大学 Dr. David M. Dooley学長による特別講演の日本語資料をこちらからご覧いただけます。President Dooley Japan presentation August 2018 日本語

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2018.08.06


平成30年度Q²PEC(Qshu-Queensland Program for English Communication) 説明会開催

Q²PECは、オーストラリアのトップ8大学にも入るクィーンズランド大学付属の語学学校ICTE-UQ(Institute of Continuing &TESOL Education)において、世界各国からの留学生に混じって英語研修を受ける6週間の現地滞在型プログラムです。英語力向上に加えて、グローバルマインドや学位留学への意識向上を目指し、UQ工学部の講義の聴講、研究室訪問、フィールドトリップ等を行います。

滞在地ブリズベンはサンシャイン・ステートと呼ばれるクィーンズランド州に属していて、その名の通り1年中明るい太陽の光が降り注ぐオーストラリア第3の都市です。温かい春の陽気のなか、美しいキャンパスで有意義な夏休みを過ごしませんか?

【研修内容】

 Week 1
     UQ工学部研究室紹介および研究室訪問 (UQ-KUプロジェクト支援)

 Week 2~6
   午前:英語力スキルアップのクラス(各国からの留学生と受講)
   午後:工学部学生のための特別クラス、UQ内でのWorkshop 
             UQ工学部生との交流、UQ生卒論発表見学、フィールドトリップ等

    ※今年は7月初旬(2週間)UQ工学部生20人が九大を訪れますので
    Q2PEC派遣前・派遣中の両方でUQ生との長期間の交流が出来ます。

   実施期間:H30年8月18日(土)~10月1日(月) 6週間
   実施場所:クィーンズランド大学 ICTE-UQ、ブリスベン(豪)
   募集人員:20名程度
   募集締切日:H30年5月31日 6月7日(木)期間延長しました!
   対象者:工学部・工学府・システム情報科学府の日本人学生
   滞在先:ホームステイ (大学近くの一般家庭) 
   費 用:約50万円 (要件を満たす者には、奨学金支給有)
   単 位:4単位付与 (工学部・府の参考単位)

まずは下記、Q²PEC説明会に参加して下さい!    

◆プログラム説明会開催日                                                   

 第1回 H30年4月13日(金)16:40~17:40
        会場:West Zone 総合学習プラザ 1F 第7講義室

 第2回 H30年5月 2日(水)12:10~12:50(お昼を食べながら参加OKです。)
 第3回 H30年5月15日(火)16:40~17:40
      会場:Center Zone 2号館 1F 2107教室

説明会第1・2・3回は、ほぼ同じ内容になっていますが
毎回体験談を話してくれる学生は変わります。

申請はオンライン申請に変わりました、詳細はポスター募集要項をご覧ください。
オンライン申請は5/1(火)午前9時から5/31(木)午後5時で申請を受け付けます。

| 九州大学工学系国際交流センター | 2018.04.06


さくらサイエンスプラン

高校教員のための「九州大学最先端工学・科学探検プログラム」の報告

九州大学工学部では、2017年8月22日から29日までの8日間、JST「さくらサイエンスプラン」の支援を受け、「高校教員のための「九州大学最先端工学・科学探検プログラム」(英語名:QUEST Program for Teachers)」を実施しました。本プログラムの実施にあたり、急速な経済成長、都市化、工業化が進行するアジア7ヶ国・地域(中国、台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア)の高校の若手教員を招待し、「グリーンテクノロジー」、「STEM教育とアクティブラーニング」、「人と自然が共生する都市」の3つのキーワードで教育交流を行いました。

 

九州大学が世界初、大学の公用車として導入した燃料電池自動車「MIRAI」と参加者

 

[グリーンテクノロジー]

第二次世界大戦後、日本は世界に例のない高度度経済成長期を遂げ、それに伴う急速な工業化が、深刻な環境汚染と公害被害をもたらしました。その経験を教訓に、科学技術に立脚した低炭素社会の実現に向けての様々な取組を行いにより克服し現在に至ります。参加者は、23日、25日と28日の3日間に渡り、九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所の小江誠司教授、超電導システム科学研究センターの木須隆暢教授、水素エネルギー国際研究センターの白鳥祐介准教授、他5人の教員による「グリーンテクノロジー」に関する最先端科学技術の講義を受け、関連する最先端研究施設を見学しました。

笠間清伸准教授(社会基盤部門)による最新の地盤災害の対策技術の紹介

谷泰寛准教授(航空宇宙工学部門)の案内で航空機の空力騒音の研究を行う低騒音風洞を見学

小江教授による「エネルギー問題に貢献する科学」の講義に耳を傾ける参加者

木須教授による従来材料の100倍以上の大電流を運ぶことが可能な超伝導技術の実演

 

[STEM教育とアクティブラーニング]

25日の午後には、5人の高校教員によるそれぞれの高校での特徴あるSTEM教育のミニコンファレンスが行われ、アジアの高校の教師が集う情報交換の場となりました。また、28日には、九州大学の工学部の国際コースで教鞭を執るJ. カノン准教授(機械工学部門)、A. ロバートソン准教授(応用化学部門)がそれぞれの担当科目においてアクティブラーニング、プロジェクトベースラーニングの試みについて紹介され、アジアの高校教育での導入についての活発な議論が行われました。

インドネシアの高校の教員によるサイエンスプロググラムの活動紹介

カノン准教授による大学での能動的学習を促進する教授法についてのセミナー風景

 

[人と自然が共生する都市]

24日には、福岡市近隣の北九州市を訪れ、次世代エネルギーパークでは、風力発電、太陽光発電の施設を見学し、北九州環境ミュージアムでは、過去に公害問題を克服した同市の歴史を学びました。さらに、26日、27日には豊かな自然環境を保っている太宰府市、柳川市、糸島市を訪れ、日本人の古来からの自然観に触れる機会となりました。

北九州次世代エネルギーパークで、陸上風力発電と日本第一号の洋上風力発電の施設を視察

930kmの水路が縦横に流れる柳川では、川下りツアーで水に寄り添う人々の暮らしを学んだ。

短期間でしたが、本プログラムを通して様々な角度から日本の高等教育の持続可能社会を拓く研究教育をアジアの高校の先生方に知っていただくことができました。是非このプログラムで学んだことを、自国の次の世代の科学者の育成に活かしていただければと期待しています。

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2018.01.11


Boeing Externship Program

Boeing Japan is runs a seminar series called the "Boeing Externship Program". Currently several universities participate: The University of Tokyo, Kanazawa University, Kyushu University, Hokkaido University and the Tokyo Institute of Technology. This program consists of 5 lectures (in both English and Japanese) as well as a special summer seminar held in September. In this seminar, students have the opportunity to give a presentation to Boeing staff, in English. The students decide themselves about the theme of the presentation and compete against the other participating universities.

Kyushu University has been participating since 2016. During the 1st year, 13 students attended the lectures and 4 students participated in the special summer seminar, winning the presentation competition.

Information about how to participate in this year's summer seminar competition can be found here.

2017 schedule

 

Date

Subject

Presenter

1

April 28 (Fri)

08:00-09:30

Environment

BCA Environment team

2

May 12 (Fri)

10:30-12:00

Boeing Overview

Miwa Kobayashi

3

May 26 (Fri)

10:30-12:00

Commercial Aviation Service

Hiroaki Inuzuka

4

June 9 (Fri)

08:00-09:30 or 10:30-12:00

CMO (Current Market Outlook) and communication

Steve Hahn

5

June 23 (Fri)

08:00-10:30

Technology

Rob Henderson

 

Location:  AMS lecture room 1 (General Education Plaza, 2nd floor, room 207)

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2017.05.19


Boeing Externship Program

ボーイング・ジャパンが「Boeing Externship Program」というものを行っています。これには現在、東大、東北大、名大、金沢工大、九大、北海道大、東京工業大学が参加しております。このプログラムは、ボーイングの5回の講義(英語又は日本語)と9月に開催されるサマーセミナーから成り立っています。サマーセミナーは、ボーイング・ジャパンの特別講演と参加大学間で行われる学生の英語のプレゼンから成り立っています。サマーセミナー参加者は、テーマを自分たちで選び、英語のプレゼンを行って他大学と競います。

九州大学は2016年から参加しました。講義は13名が聴講し、そのうち4名の学生がサマーセミナーに参加し、見事優勝しました。

今年のBoeing externship プレゼンテーション競争応募要項はこちら

2017年の日程

 

Date

Subject

Presenter

1

April 28 (Fri)

08:00-09:30

Environment

BCA Environment team

2

May 12 (Fri)

10:30-12:00

Boeing Overview

Miwa Kobayashi

3

May 26 (Fri)

10:30-12:00

Commercial Aviation Service

Hiroaki Inuzuka

4

June 9 (Fri)

08:00-09:30 or 10:30-12:00

CMO (Current Market Outlook) and communication

Steve Hahn

5

June 23 (Fri)

08:00-10:30

Technology

Rob Henderson

 

場所 AMS講義室1(総合学習プラザ2階207)

| 九州大学工学系国際交流センター | 2017.05.19


The University of Queensland-Japan program for Industry Experience (UQ-JPIE)

プログラム概要

 平成29年7月3日(月)~7月14日(金)の2週間、オーストラリアのクイーンズランド大学(UQ)工学部から15名の学生を本学工学部に迎え、「UQ-JPIE(The University of Queensland-Japanese Program for Industrial Experience)」を実施しました。

このプログラムは、平成27年度に開始した九州大学(KU)とクイーンズランド大学(UQ)との「UQ-KU Project」の取組の一環として、本学とUQが連携して新たに企画し、オーストラリア政府が推進する留学施策「新コロンボ計画」に採択されたものです。プログラム実施に際しては、本学工学部が国際部/国際交流推進室と連携し、オーストラリア総領事館、九州経済連合会など学外の団体,企業からも協力支援をいただきました。

 学生たちは、プログラム中に様々な講義や九州・山口にある日本を代表する企業見学などを通して、幅広い工学分野の知見を得るとともに、産業界の現況を含む日本の工学技術の発展の歴史やビジネスマナーなどを学びました。また、本学工学部の短期研修プログラム「Q2PEC」でクイーンズランド大学に8月から5週間滞在する予定の学生が「バディ」となり、滞在中のUQの学生をサポートし、学生同士の交流活動も活発に行うことができました。

オープニングセレモニー

プログラム開始日の7月3日(月)には、オープニングセレモニーを挙行し、イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事からも激励のお言葉をいただきました。

       

九州大学 久保総長によるご挨拶       工学研究院 髙松研究院長による開会挨拶

懇親会の様子

講義①: 工場見学事前講義

 見学先でより理解を深め、充実した見学となるよう、各企業様の工場見学へ行く前に、情報知能工学部門の倉爪亮教授より「ロボット」について、応用科学部門の林克郎教授より「セラミクス」について、海洋システム工学部門の後藤浩二教授より「造船工業」について、材料工学部門の大野光一郎准教授、齊藤敬高准教授より「鉄鋼」について5名の講師がそれぞれの分野に基づいた工場見学事前講義を行いました。

 

      

倉爪教授による「ロボット工学」の事前講義にて集合写真                                林教授による「セラミクス」の事前講義の様子

後藤教授による「造船工業」事前講義の様子

 

講義②: 本学の先端研究紹介に基づいた講義

  地球資源システム工学部門より渡邊公一郎教授、エネルギー量子工学部門より松村晶教授、環境社会部門より馬奈木俊介教授、カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)よりStephen Lyth准教授、最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)よりドクターW.J.Potscavage 5人の教員により、九州大学における最新研究成果についての講義と最先端の研究施設が紹介されました。

ドクターW.J.Potscavageによる最先端有機光エレクトロニクス研究(OPERA)のラボツアー  

松村教授による超顕微解析研究センター紹介の様子

Stephen准教授と水素貯蔵施設での集合写真

渡邊教授による日本鉱業の歴史と将来のエネルギーについて講義の様子

 

講義③: 日本の産業に関する講義

 工学研究院 太田和秀特任教授より、日本産業の歴史と発展、産業ビジネスにおけるリーダーの育成、在り方について講義を行いました。また、UQ生は環境問題や持続可能なエネルギーについても学び、日本産業の背景から産業分野全体について幅広く学びました。

講義④: 日本ビジネスマナー講義

 地域企業連合会 九州連携機構の元美和様より、日本ビジネスマナー講義をしていただきました。UQ学生は日本のビジネスシーンにみられる、名刺の渡し方や、会議における座席の位置、取引先との挨拶の仕方など、日本のビジネスマナーを学びました。このビジネスマナーを学ぶことにより、実際に工場見学をした際、企業の担当者様と名刺交換を行うなど実践に繋がりました。

名刺交換を練習している様子

九州連携機構の元美和様との集合写真

 

一般社団法人 九州経済連合会様への訪問

 九州の経済について深く理解を得るために、(一社)九州経済連合会様へ訪問し、「九州企業発見・体験プログラム」の講義を受講しました。そこで九州の経済がオーストラリアとどのような関係を持ち、影響しているかということを、イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事よりお話いただき、九州における経済の成り立ちについて理解をより深めました。また、九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様より九州電力のエネルギー事業について講義をしていただきました。

九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様より講義の様子

 

(一社)九州経済連合会 会長 麻生泰様と九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様との集合写真

 

日本を代表する企業の工場見学

このプログラムの主なテーマの一つである、九州・山口の日本を代表する企業様の工場見学を行いました。

㈱安川電機様、新日鐵住金八幡製鐵所様、㈱日立製作所様、トヨタ自動車九州㈱様、TOTO㈱様、三菱重工船舶海洋㈱様の工場やミュージアムを訪問させていただきました。

     

㈱安川電機様 みらい館にて見学の様子              ㈱日立製作所様 笠戸事業所を見学した際の集合写真

トヨタ自動車九州㈱様のPR館にて集合写真

TOTO㈱様のTOTOミュージアムにて会社設立からの歴史を学ぶ様子

三菱重工船舶海洋㈱様の長崎造船所香焼工場を見学した際の様子

 

九州大学工学部機械航空工学科の紹介

今回の参加者に機械航空系の学生が多いことから、航空宇宙工学部門の麻生茂教授より機械航空工学関係の教育研究の紹介が行われ、主に研究している宇宙輸送システムについて紹介されました。

.

 

クイーンズランド大学 David Mee教授による特別講義 

クイーンズランド大学David Mee教授がプログラム期間中、特別訪問され、本校の航空工学専攻修士学生へ向けて特別講義演題:Boundary-Layer transition in hypersonic flowsをしていただきました。

 

報告会と閉会式

 プログラムに参加をしたUQ学生15名が、2週間のプログラムを通して得た経験や学んだことについて、3人ずつ5チームに分かれてそれぞれプレゼンテーションをしました。また、閉会式では九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様よりご挨拶をいただきました。

UQ学生による報告の様子    

センター長 陳教授からの修了証授与

 

送別会

九大学生が中心となって送別会を運営・司会進行しました。プログラム中にUQ学生と「バディ」を組んでいた九大生など多くの学生が参加しました。

また、プログラム中に講義を担当した講師の方々にも参加していただき、終始大変な盛り上がりをみせました。

九大生からUQ学生への贈り物

送別会にて参加者の集合写真

謝辞

 この度、2017年度UQ-JPIEプログラム(The University of Queensland-Japanese Program for Industrial Experience)の2週間において、

工場見学を快く引き受けてくださいました企業様、関わっていただいた講師の方々や関係者の皆様からのご支援、ご協力のおかげで無事にプログラムが終了出来ましたこと、工学研究院附属国際教育支援センターより心より御礼を申し上げます。また、九州経済連合会の皆様におかれましては、多大なるご尽力をいただき感謝いたします。

 今後とも一層のご厚誼ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

| 九州大学工学系国際交流センター | 2017.05.15


The University of Queensland-Japan program for Industry Experience (UQ-JPIE)

Overview

This was an intensive 2-week program supported by the New Colombo Plan of the Australian government and held in July 2017, designed to give selected Australian student engineers from the University of Queensland the opportunity to learn about the world-leading research and industries of Japan. During this program, 15 students attended seminars on cutting-edge engineering research at Kyushu University and conducted visits to leading Japanese industries, either based or with a large presence in the Kyushu area, such as Toyota Motors Kyushu and YASKAWA Electric Corporation. Furthermore, the students had the opportunity to study about Japanese Business Culture and become familiar with the Kyushu area in general.

Opening Ceremony

The opening ceremony was held on Monday 3rd of July. Distinguished guests present included Prof. Chiharu Kubo, president of Kyushu University and Mr. Ian Brazier, Australian Consul-General Fukuoka.

            

(left) President of Kyushu University, Dr. Chiharu Kubo, gives a speech at the opening ceremony; (middle) Dean of the School of Engineering, Prof. Hiroshi Takamatsu, gives a speech at the opening ceremony; (right) A small lunch-party held after the ceremony to welcome the students.

Lectures: Industry pre-visit seminars

To prepare students for site visits, a series of 4 lectures from faculty specialist in relevant areas were given, such as a seminar about the Steel Industry by Prof. Ko-ichiro Ohno and Prof. Noritaka Saito. Here students were able to gain important background understanding to enable them to get the most out of their industrial visits.

    

(left) Students with Prof. Ryo Kurazume and a robot during the robotics pre-visit seminar; (right) A demonstration during the seminar by Prof. Katsuro Hayashi about ceramic technology.

Prof. Koji Gotoh gives students an introduction to LNG carriers and hull construction, prior to the visit to the Nagasaki Shipyard & Machinery Works of Mitsubishi Heavy Industries.

Lectures: World-leading research at Kyushu University

To exemplify the world-leading research being carried out at the School and Faculty of Engineering, students attended a number of seminars and lab visits with leading faculty members, including an introduction to urban Engineering and management with Prof. Shunsuke Managi and an overview of the mining history of Japan with Prof. Koichiro Watanabe.

    

(left) Dr. Potscavage explains to students during a tour of the Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA); (right) Prof. Syo Matsumura gives a lecture about electron microscopy research being carried out at Kyushu University.

Students have a lab tour with Assoc. Prof. Stephen Lyth, including a visit to Hydrogen storage facilities.

Special lecture series on Japanese industry

In addition to lectures related to the specific industries to be visited by the students, Prof. Kazuhide Ohta gave a 5-part mini course covering the history of Japanese industry and its context in the modern era.

Professor Kazuhide Ohta gives a lecture on Japanese industry.

Special lectures on Japanese business customs

As part of its rich cultural heritage, Japan has developed a somewhat unique approach to inter-personal communication during business. In order to give students an in-depth understanding of the business customs of Japan and insight into their origins, Ms. Miwa Gen from the Association of Independent Entrepreneurs gave a double-lecture including many hands-on practise activities. The students were then able to apply the skills learnt when interacting with company representatives during site visits.

Ms. Miwa Gen (center) with the University of Queensland students following their lecture on Japanese business customs.

Visit to the Kyushu Economic Federation

In order to gain in-depth knowledge about industry in the Kyushu region, students were kindly welcomed by the Kyushu Economic Federation in Tenjin to take part in the Kyushu Experience and Explore Program. Here the students had the opportunity to learn important background information not only about the Kyushu area and its industry but also its links to Australia, as outlined including a lecture by Mr. Ian Brazier of the Australian Consul-General Fukuoka. Time was also given over to free discussion and networking.

Mr. Masaki Nishi from Kyushu Electric Power Co., INC., gives a short lecture on the energy services business sector.

Students gather for a group photo with the Mr. Yutaka Aso, Chairman of the Kyushu Economic Federation (front row, third from left), Mr. Masaki Nishi of Kyushu Electric Power Co., INC. (far left) as well as Prof. John Chen, director of the International Education Support Center for Engineering at Kyushu University (far right).

Industry visits

In order to expose the visiting University of Queensland students to the wealth of industry that Japan, and particularly the Kyushu area, has to offer, a number of industry visits were arranged, including Hitachi Ltd. Rail System Company, Kasado Works and TOYOTA MOTOR KYUSHU, INC.

    

(left) Students compete against a robot in the YASKAWA Electric Corporation Miraikan; (right) Group photo at Hitachi Ltd. Rail System Company, Kasado Works.

TOYOTA MOTOR KYUSHU, INC. is home to the Lexus, and students had the opportunity to see this car being produced and learn about the philosophies underlying the construction process.

Students not only had the opportunity to visit the TOTO LTD. to see the ceramic products being built, but also had a tour of the recently-opened  TOTO museum, showcasing the history of TOTO LTD. since its founding over 100 years ago.

Students pose with large cranes at the Nagasaki Shipyard & Machinery Works of Mitsubishi Heavy Industries.

Students also had the opportunity to visit NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION YAHATA WORKS in Kitakyushu city.

Introduction to the Mechanical and Aerospace Engineering course at Kyushu University

In addition to learning about the wide variety of industry in Japan, students also learned about the host institution, Kyushu University, and the courses and laboratories in Mechanical and Aerospace Engineering.

Prof. Shigero Aso gives an overview of the Mechanical and Aerospace course on offer Kyushu University

Special lecture by Prof. David Mee of the University of Queensland

Prof. David Mee of the University of Queensland gave a special lecture to Kyushu University Aerospace students.

Prof. David Mee gives a special lecture to Kyushu University students.

Group presentations and closing ceremony

University of Queensland students were given the opportunity to make a short presentation about their thoughts and experiences during their two week stay in Japan. In addition, a closing ceremony was held and certificates of participation were awarded by the Director of the International Education Support Center for Engineering, Prof. John Chen. This was followed by a short farewell party.

(left) Students from the University of Queensland reflect on their 2-week experience on the JPIE program; (right) One of the University of Queensland students receiving their certificate of participation from Prof. John Chen, Director of the International Education Support Center for Engineering.

Farewell party

To mark the end of two busy weeks and celebrate the strengthened bond between parties in Japan and Australia, a farewell party was held.

Students share their experiences and thoughts with each other during the buffet lunch.

The farewell party marks an opportunity for new friends to exchange gifts.

Participants of the farewell party gather for a final group photo.

Thanks

The staff of the International Education Support Center for Engineering would like to sincerely thank the lecturers for their kind support of this program and the companies involved for allowing us to visit their factories and museums, helping to make this program a great success. We also thank the representatives and tour-guides for taking the time to introduce the facilities and answering questions from students. Special thanks are also directed to the distinguished guests and members of the Kyushu Economic Federation who made time in their busy schedules to help inspire the visiting students and ensure that all could take home comprehensive understanding of Kyushu; both the University and the region as a whole.

| 九州大学工学系国際交流センター | 2017.05.15


International Education Support

There are four International Undergraduate Programs in English: Applied Chemistry, Civil Engineering, Electrical Engineering and Computer science, and Mechanical and Aerospace Engineering. Following one and a half years of general "KIKAN" education, students specialize into their chosen course of study. This curriculum gives students from all over the world the chance to experience the strong education and research environment of a top Japanese university, in English, while becoming familiar with Japanese culture.

For more information, please visit here.

| 九州大学工学系国際交流センター | 2017.04.24


学士課程国際コース

九州大学では、文部科学省「国際化拠点整備事業(グローバル30)」の採択を受け、平成22年の10月に工学部と農学部の2つの学部で英語のみで学士号が取得できる「学士課程国際コース」を設置しました。工学部には「応用化学コース」、「建設都市工学コース」、「電気情報工学コース」「機械航空工学コース」の4コースを展開しています。入学後1.5年の基幹教育(全学教育)を受けた後、工学部の教員が1クラス4~6人の少人数での専門教育を行っています。本プログラムでは、毎年アジアを中心に、世界各国から約20名の優秀な留学生を受け入れています。
詳しくは、こちら  http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/g30/

| 九州大学工学系国際交流センター | 2017.04.24


International center staff

Add “.kyushu-u.ac.jp” to all email addresses.

For international calls, remove the first 0 of the telephone number and use country-code 81.

Directors and faculty members


Prof. Qiang Chen
Director
chen@mech
092-802-3286

Prof.  Masamichi Kohno
Deputy director
kohno@mech
092-802-3099

Assoc. Prof. James Cannon
Deputy director
cannon@mech
092-802-3242

Prof. Hemanta Hazarika
hazarika@civil
092-802-3369


Assoc. Prof.  Andrew Robertson
robertson@mail.cstm

Assoc. Prof. Kohei Higashikawa
kohei@super.ees
092-802-3684

Assoc. Prof. Darren Wall
wall@aero
092-802-3034

Assoc. Prof. Mika Tamura
mikatamura@mail.cstm
092-802-3872

Assoc. Prof. Natalie Konomi
konomi.natalie.909@m
092-802-3893

Assis. Prof.  Akiko Yamada
yamada.akiko.623@m

Staff

Telephone: 092-802-3870

Yumi Mizutani
mizutani.yumi.600@m
Rie Haraguchi
haraguchi.rie.345@m
Chika Sonoda sonoda.chika.468@m

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.07.28


センタースタッフ

メールアドレスの末尾「.kyushu-u.ac.jp」が省略されています。

教員


陳 強  (教授)
センター長
chen@mech
092-802-3286

河野 正道(教授)
副センター長
kohno@mech
092-802-3099

カノン ジェームズ (准教授)
副センター長
cannon@mech
092-802-3242

ハザリカ ヘマンタ (教授)
hazarika@civil
092-802-3369


ロバートソン アンドリュー(准教授)robertson@mail.cstm

東川 甲平 (准教授)
kohei@super.ees
092-802-3684
 


ウオール ダレン (准教授)
wall@aero
092-802-3034

 


田村 美香 (准教授)
mikatamura@mail.cstm
092-802-3872


許斐 ナタリー(准教授)
konomi.natalie.909@m
092-802-3893

山田 明子(助教)
yamada.akiko.623@m

スタッフ

電話番号:092-802-3870

水谷 由美
mizutani.yumi.600@m
原口 理衣
haraguchi.rie.345@m
園田 千夏
sonoda.chika.468@m

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.07.28


Links

Kyushu University

Kyushu University School of Engineering

Kyushu University, School of Engineering, Degree Programs in English

Student Website-International Undergraduate Programs

This website was designed to provide up-to-date information of what is happening inside campus and to promote a sense of belonging among the students of International Undergraduate Programs in Engineering.

Double Degree Program

Information about the Double Degree Program between Lund University (the Faculty of Engineering LTH) and Kyushu University (the Graduate School of Engineering)

Kyushu University International Affairs Department

Kyushu University International Student and Researcher Support Center

Information for international students and researchers accepted to the university. Includes visa information, housing, and translation in order to make the transition to Japan

Partner Institutuions

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


Double Degree Program

Kyushu University started a DDP with Lund University in 2010, which enables students to obtain Master’s degrees from both universities after they spend a total of three years at Kyushu University and Lund University. The program provides opportunities for students to obtain Master’s degrees from universities in two different countries as well as to have higher education in a different cultural area, in Sweden in Northern Europe (for Kyushu University students) and in Japan in the Far East (for Lund University students), and it aims to train students to become highly-skilled people who will take a proactive role in the international society in the future.

 

zukai

 

w

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


Q²PEC(Qshu-Queensland Program for English Communication)

The Q²PEC is a short-term study abroad program for engineering students. It consists of English classes with students from all over the world at the University of Queensland’s Institute of Continuing & TESOL Education (ICTE-UQ). The University of Queensland is one of Australia’s leading universities. The program provides site visits, workshops, and lectures in the engineering field.
The program aims to enable participants to improve their English language skills, and encourages them to cultivate a global mindset and to study for a degree abroad in the future.

 

great_courtl workshop

class 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


ELEP (Engineering Leaders English Program)

The ELEP is supported by Kyushu University California Office and is a short-term study abroad program for engineering students. It consists of English classes at San Jose State University’s I -Gateways. It offers special lectures by entrepreneurs and venture capitalists, and field trips to universities and high-tech companies in Silicon Valley.
The program aims to enable participants to improve their English language skills, learn about entrepreneurship and understand how innovation occurs.

 

DSC00343  DSC00486

DSC00701  IMG_1068 (1)

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


About the International Center

About the School of Engineering International Center

The Faculty of Engineering in Kyushu University established the International Relations Office, School of Engineering in 2010, to help international students and researchers solve various problems to make the most of their academic and research life. Since 2016 this became the School of Engineering International Center. Since its inception, the center has provided a range of support to international students and researchers, including offering Japanese classes, career counseling, and international exchange parties. The center has also supported study-abroad and training programs for Japanese students and researchers. Recently, it has been dedicated especially to supporting the planning and operating of short-term study abroad programs which aim to encourage Japanese students to cultivate a global mindset and take a proactive role in international society in the future. It also provides training programs on the advanced methodology of teaching in English for faculties, and the academic exchanges between Kyushu University and universities overseas such as the Double Degree Program.

Message from the Director

Kyushu University is one of the forerunners in the internationalization of Japanese universities. Within the university, the School of Engineering puts a major emphasis on internationalization. In 2009, Kyushu University was selected as one of the core universities for the Project for Establishing Core Universities for Internationalization (Global 30), and the School of Engineering and the School of Agriculture led the nation in establishing international undergraduate programs. In September 2014, the 15 first students completed the programs. 
In 2010, Kyushu University was selected as one of the centers for the World Premier International Research Center (WPI) Initiative funded by the Ministry for Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), which has brought a growing number of international researchers to our Ito campus. In addition, it was accredited as a Top Type university (Type A) for the Top Global University Project in 2014 and has promoted further reform in education and research. With rapidly progressing internationalization of the university, over 3,000 international students are expected to be seen on the Ito campus in 2021 when the relocation of the Hakozaki campus is completed.
The International Center is here to help international students and researchers make the most of their academic and research life, solve any problems during their stay at Kyushu University, and interact with all students and researchers from different backgrounds and different cultures.

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


Top Page

About the International Education Support Center for Engineering

The Faculty of Engineering in Kyushu University established the International Relations Office, School of Engineering in 2010, to help international students and researchers solve various problems to make the most of their academic and research life. In 2017 this became the International Education Support Center for Engineering. Since its inception, the center has provided a range of support to international students and researchers, including offering Japanese classes, career counseling, and international exchange parties. The center has also supported study-abroad and training programs for Japanese students and researchers. Recently, it has been dedicated especially to supporting the planning and operating of short-term study abroad programs which aim to encourage Japanese students to cultivate a global mindset and take a proactive role in international society in the future. It also provides training programs on the advanced methodology of teaching in English for faculties, and the academic exchanges between Kyushu University and universities overseas such as the Double Degree Program.

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


その他

その他、工学系国際交流センターの支援事業

① EEP(九州大学教育の質向上支援プログラム)
九州大学が実施する教育の質向上支援プログラム(Enhanced Education Program: EEP)の採択を受けて、工学部・工学府の教育を担当する教員の教育力向上を図る目的で実施される研修について実施支援を行っております。

H22-H24(国内)肥田良夫先生による「教員対象5G=I(ご自愛)」セミナー
H22-H23(国内)G30教員による英語能力向上のためのLecture
H22-H24(海外)若手教員に対する英語による工学教育技術の海外研修(ハワイ大学)
H25-H27(海外)若手教員に対する英語による工学教育技術の海外研修(サンノゼ・サンタクルーズ)
sono4sono5sono6

② 留学生・研究者(大学院生が中心)のための日本語教育
・日本企業へ就職を希望する工学系留学生に対する日本語教育補習と就職支援の試行
初級・中級・上級(ビジネス日本語等)日本語クラスの開講(特定学生への特訓コースも含む)
・就職相談, 面接やエントリーシートの書き方などの指導
sono7

③ 留学生の就職支援活動
・産業界との連携による採用促進
・企業ニーズの把握及び企業への情報提供
・就職活動テクニック講座運営支援
・インターンシップマッチング
・個別相談・キャリアカウンセリング
・日本語クラスとの連携
・出口を見据えた留学推進、海外インターンシップ推進に係る調査・研究
 

④ 日本学術振興会関係の国際交流事業への支援
・若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(ITP)(H20-H24)
・組織的な若手研究者等海外派遣プログラム (H21-H24)
 

⑤ 伊都地区国際交流会の開催(H21-H26)
工学系留学生・研究者の交流会を企画・開催し、数多くの留学生・日本人学生および教員の参加を得て親睦を深めました。

sono1sono2sono3

⑥ 工学研究院の国際交流活動

 

rai     hou     ibe

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


ダブルディグリープログラム支援
(スウェーデン国・ルンド大学)

ルンド大学と九州大学は2010年よりダブルディグリーの協定を結んでいます。九大とルンド大の大学院に通算3年間在籍することにより、両大学から修士号を取得することが可能です。二つの異なる国の大学の修士号を取得するだけでなく、北欧スウェーデン(九州大学学生)あるいは極東アジア日本(ルンド大学学生)という異なる文化圏で高等教育を受けることで、これからの国際舞台で活躍できる高度な能力を備えた人材を育成することを目指しています。

 

zukai

 

w

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


Q²PEC (Qshu-Queensland Program for English Communication)

オーストラリア屈指のクイーンズランド大学付属語学学校ICTE-UQ(Institute of Continuing & TESOL Education)において、「世界各国からの留学生に混じって英語研修」、「Site Visit」、「Workshop」、「工学系講義」に参加しながら英語力を向上し、グローバルマインドや学位留学への意識涵養を目指す、工学系学生向けの現地滞在型の短期プログラムです。

オンライン申請

各年度の報告書をご覧になりたい方は、必要な報告書のプログラム名・年度、およびお名前・ご所属をご記入のうえセンターまでメールにてお問い合わせ下さい

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


ELEP(Engineering Leaders English Program)

九州大学カリフォルニアオフィスの支援を受け「サンノゼ州立大学 I-Gatewaysでの英語研修」、「起業家やベンチャーキャピタルの方々の講義」、「シリコンバレーにある大学やハイテク企業等へのフィールドトリップ」に参加しながら英語力をブラッシュアップし、アントレープレナーシップ(起業家精神)の実態に触れ、イノベーションが起こる仕組みの理解を目指す、工学系学生向けの現地滞在型の短期プログラムです。

オンライン申請

 

各年度の報告書をご覧になりたい方は、必要な報告書のプログラム名・年度、およびお名前・ご所属をご記入のうえセンタまでメールにてお問い合わせ下さい

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.13


工学系国際交流センターとは

工学系国際交流センターとは

 九州大学工学研究院では平成22年(2010年)、留学生や外国人研究者が安心して有意義な勉学や研究生活を送れるように、様々な問題の解決を手助けすることを目的に「工学系国際交流支援室」を設置しました。平成28年(2016年)には更なる国際化促進のため「工学系国際交流センター」と改名され現在に至ります。
創立以来、国際交流センターでは、留学生や外国人研究者のための日本語講座の開講、留学生のための就業指導の実施、異文化交流のための国際交流会の実施、日本人学生や研究者の海外研修事業支援など、様々な支援業務をおこなってきました。
とりわけ最近は日本人学生の国際性を高め、グローバルに活躍できる素地を育成するための海外研修プログラムの企画実施支援、ダブルディグリーなど海外大学との教育提携支援、教員の英語による講義能力向上のための研修プログラムの企画実施支援など、大学を取り巻く国際化の波に積極的に対応するための多様な事業支援をおこなってきています。

 

室長挨拶

 九州大学はわが国において国際化を加速する大学の一つですが、九州大学の中でも工学系組織は特に国際化に力を注いでいます。平成21年(2009年)には国際化拠点整備事業(グローバル30)のコア大学の一つに選ばれ、工学部は農学部とともに全国の先陣を切ってG30学部国際コースを設置し、平成26年9月には15名の第一期生が卒業しました。
 平成22年度には文部科学省の世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)の一つに採択されるなど、伊都キャンパスには多くの外国人研究者が集結してきています。加えて平成26年度には「スパーグローバル大学創成支援事業(タイプA)」の採択校に指定され、教育と研究における更なる改革が始動しています。 このため、学内では急激な国際化が進んでおり、箱崎から伊都へのキャンパス移転が終了する平成33年(2021年)には3千人を越える留学生が伊都キャンパスを闊歩していると見込まれています。
 しかしながら、多くの留学生や外国人研究者を伊都地区や伊都キャンパスに受け入れるための整備や、学生の国際性を育むための教育プログラムの整備は十分とは言えないのが現状です。 留学生や外国人研究者が安心して有意義な留学生活、研究生活を送れるよう、そして予想される様々な問題を解決するための手助けができるよう、さらに外国人同士、外国人と日本人が楽しく異文化交流ができるよう、当国際交流センターはできるだけ皆さんのお役に立ちたいと考えています。

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.03.12


トップページ

工学系国際教育支援センターとは

九州大学工学研究院では平成22年(2010年)、留学生や外国人研究者が安心して有意義な勉学や研究生活を送れるように、様々な問題の解決を手助けすることを目的に「工学系国際交流支援室」を設置しました。平成29年(2017年)には更なる国際化促進のため「工学系国際教育支援センター」と改名され現在に至ります。
創立以来、国際交流センターでは、留学生や外国人研究者のための日本語講座の開講、留学生のための就業指導の実施、異文化交流のための国際交流会の実施、日本人学生や研究者の海外研修事業支援など、様々な支援業務をおこなってきました。
とりわけ最近は日本人学生の国際性を高め、グローバルに活躍できる素地を育成するための海外研修プログラムの企画実施支援、ダブルディグリーなど海外大学との教育提携支援、教員の英語による講義能力向上のための研修プログラムの企画実施支援など、大学を取り巻く国際化の波に積極的に対応するための多様な事業支援をおこなってきています。

| 九州大学工学系国際交流センター | 2016.02.29


リンク集

九州大学

九州大学工学部,大学院工学府,工学研究院

九州大学工学部および工学府国際コース

九州大学学士課程国際コース 学生ページ

工学部国際コース所属の学生の視点で、九州大学での学生生活について必要な情報や、留学中の活動状況などを発信をしています。

ダブルディグリープログラム

九州大学とルンド大学のダブルディグリーについてのホームページです。

九州大学国際部

九州大学留学生・外国人研究者サポートセンター

海外から来日する外国人留学生や外国人研究者の方々が、本学での勉学生活あるいは研究活動をスムーズにスタートが切れるよう、受入れ体制の整備・充実に努めています。

九州大学協定締結校

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2010.09.25