アイコン Japanese     アイコン English
アイコン

工学研究院の国際活動|News from the Faculty of Engineering

さくらサイエンスプラン

高校教員のための「九州大学最先端工学・科学探検プログラム」の報告

九州大学工学部では、2017年8月22日から29日までの8日間、JST「さくらサイエンスプラン」の支援を受け、「高校教員のための「九州大学最先端工学・科学探検プログラム」(英語名:QUEST Program for Teachers)」を実施しました。本プログラムの実施にあたり、急速な経済成長、都市化、工業化が進行するアジア7ヶ国・地域(中国、台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア)の高校の若手教員を招待し、「グリーンテクノロジー」、「STEM教育とアクティブラーニング」、「人と自然が共生する都市」の3つのキーワードで教育交流を行いました。

 

九州大学が世界初、大学の公用車として導入した燃料電池自動車「MIRAI」と参加者

 

[グリーンテクノロジー]

第二次世界大戦後、日本は世界に例のない高度度経済成長期を遂げ、それに伴う急速な工業化が、深刻な環境汚染と公害被害をもたらしました。その経験を教訓に、科学技術に立脚した低炭素社会の実現に向けての様々な取組を行いにより克服し現在に至ります。参加者は、23日、25日と28日の3日間に渡り、九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所の小江誠司教授、超電導システム科学研究センターの木須隆暢教授、水素エネルギー国際研究センターの白鳥祐介准教授、他5人の教員による「グリーンテクノロジー」に関する最先端科学技術の講義を受け、関連する最先端研究施設を見学しました。

笠間清伸准教授(社会基盤部門)による最新の地盤災害の対策技術の紹介

谷泰寛准教授(航空宇宙工学部門)の案内で航空機の空力騒音の研究を行う低騒音風洞を見学

小江教授による「エネルギー問題に貢献する科学」の講義に耳を傾ける参加者

木須教授による従来材料の100倍以上の大電流を運ぶことが可能な超伝導技術の実演

 

[STEM教育とアクティブラーニング]

25日の午後には、5人の高校教員によるそれぞれの高校での特徴あるSTEM教育のミニコンファレンスが行われ、アジアの高校の教師が集う情報交換の場となりました。また、28日には、九州大学の工学部の国際コースで教鞭を執るJ. カノン准教授(機械工学部門)、A. ロバートソン准教授(応用化学部門)がそれぞれの担当科目においてアクティブラーニング、プロジェクトベースラーニングの試みについて紹介され、アジアの高校教育での導入についての活発な議論が行われました。

インドネシアの高校の教員によるサイエンスプロググラムの活動紹介

カノン准教授による大学での能動的学習を促進する教授法についてのセミナー風景

 

[人と自然が共生する都市]

24日には、福岡市近隣の北九州市を訪れ、次世代エネルギーパークでは、風力発電、太陽光発電の施設を見学し、北九州環境ミュージアムでは、過去に公害問題を克服した同市の歴史を学びました。さらに、26日、27日には豊かな自然環境を保っている太宰府市、柳川市、糸島市を訪れ、日本人の古来からの自然観に触れる機会となりました。

北九州次世代エネルギーパークで、陸上風力発電と日本第一号の洋上風力発電の施設を視察

930kmの水路が縦横に流れる柳川では、川下りツアーで水に寄り添う人々の暮らしを学んだ。

短期間でしたが、本プログラムを通して様々な角度から日本の高等教育の持続可能社会を拓く研究教育をアジアの高校の先生方に知っていただくことができました。是非このプログラムで学んだことを、自国の次の世代の科学者の育成に活かしていただければと期待しています。

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2018.01.11


平成26年9月30日~10月5日スエーデンルンド大学訪問

平成26年9月30日~10月5日にかけて、吉田室長と久場隆弘教授(工学研究院地球環境部門)が、スエーデンのルンド大学工学部(Lund University LTH)をダブルディグリープログラム(DDP)のプロモーションのため訪問しました。

九大生の派遣先となる大学院コースWater Resources EngineeringのMagnus Larson教授およびRonny Berndtsson 教授とDDPおよび研究協力に関する意見交換を行い、Berndtsson教授のクラス学生に対してプロモーションを行いました。
 
ついで、ルンド大学工学部副工学部長(国際担当)のPer Warfvinge 教授およびInternational Officeのhead、Ms. Christina GrossmanとDDPについて意見交換をすると共に、工学部生に対するプロモーションを行いました。

また、Water Resources Engineeringにおいて久場教授による「"Wastewater
Treatment and Aquatic Environment Conservation"」と題する
ショートセミナーを行いました。

 

最終日には、9月よりルンドにおける勉学をスタートした、DDP参加学生の合田哲朗君と     
小西啓介君の2名と夕食を共にしながら懇談しました。

 

講義時間を使ってのDDPプロモーション(吉田室長とBerndtsson教授)
 

DDPの説明に聞入るEnvironmental Engineeringの学生


工学部でのDDPプロモーション後の記念撮影(国際担当副工学部長Per Walfvinge教授、

国際オフイス室長 Christina Grossman女史、吉田室長、久場教授)


ルンドLTH、国際オフイスの前で記念撮影(久場教授、吉田室長、 Saraさん(派遣学生担当)、Helenさん(コーディネーター)、Christinaさん(室長)

教員室で記念撮影(Berndtsson教授,吉田室長,久場教授)

コーヒーブレイクセミナーにて講演後質疑応答中の久場教授

| 九州大学工学系国際交流センター | 2014.10.14


平成26年7月23日 インド大使館参事来訪

平成26年7月23日(水)、駐日インド大使館科学技術参事官のChadram Sivaji氏が、
工学研究院を表敬訪問しました。渡邊公一郎副工学研究院長、松村昌副工学
研究院長、産学官連携本部のKusters Harold准教授と国際高等教育の今後の
進展について意見交換を行い、積極的に九州大学とインド工科大学などインドの
トップ大学との共同研究や学生交流を進めることで意見が一致しました。
引き続き、超高圧電子顕微鏡室を見学されました。


[lang_ja]左より、松村副工学研究院長、駐日インド大使館科学技術参事官Chadram Sivaji氏、渡邊副工学研究院長、Kusters Harold准教授[/lang_ja]

 

 

 

 

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2014.07.23


平成26年6月17日 アニス・ウッザマン氏講演会開催

平成26年6月17日稲盛ホールにて、在福岡米国領事館・九州大学共催によるアニス・ウッザマン氏講演会が開催されました。230名を超える方々にご参加いただき、講演後には、活発な質疑応答が行われました。

   
アニス・ウッザマン氏


質疑応答の様子
  
講演はこちらからご覧になれます。
https://www.youtube.com/watchv=UjIIh3Wi5KU&list=UUZZZIaDg3smaxYaqyMHN-qw&index=2                

| 九州大学工学系国際交流センター | 2014.06.20


アニス・ウッザマン氏講演会

シリコンバレーのベンチャーキャピタリストによる提言
「日本と日本企業を元気にする7つの法則」
日時:H26年6月17日〈火〉13:00~14:30, 開場12:15
会場:九州大学伊都キャンパス 稲盛ホール(稲盛財団記念館1F)
参加費:無料
使用言語:日本語
共催:九州大学・
在福岡米国領事館
 

Apple, Google, Facebook, Twitter等世界をリードするIT企業が数多く本拠を構えるシリコンバレー。なぜ多くの起業家がシリコンバレーにおいて花開くのでしょうか。起業家やイノベーションを支えるシリコンバレーの風土とは何か。米国の起業家による成功、そして失敗から、日本企業および日本の起業家は何を学ぶことができるのか。本講演会では、シリコンバレーのベンチャーキャピタリストとして、数々の会社を M&A させた実績を持つアニス・ウッザマン氏から、シリコンバレー流の戦略を伝授して頂きます。
シリコンバレーにおける技術戦略、プロダクト開発やマーケティング戦略とはどのようなものか。日本の企業がグローバル市場で勝ち抜いていくための秘訣とは。起業家はもちろん日本企業で働いている方々や日本を支えていく学生達に向けた日本と日本企業を元気にするための提言が満載の講演です。
 講師詳細はこちら
 

お申込はこちらから

<お問合せ先>
九州大学工学研究院工学系国際交流支援室W4号館3階309-2号室
担当 : 水谷 Tel : 092-802-2999  内線8031
E-mailでのお問合せはこちらをクリックして下さい。

 

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2014.05.27


平成26年4月16日 北アリゾナ大学Doerry教授来訪

平成26年4月16日(水)、北アリゾナ大学(Northern Arizona University)のDoerry教授が九州大学伊都キャンパスを訪問され、部局間学術・学生交流協定の署名式を行いました。
九州大学からは山田工学研究院長、岡田システム情報科学研究院長、渡邊副工学研究院長
矢野准教授ならびに吉田国際交流支援室長が出席し、北アリゾナ大学の国際化教育プログラムGSEP(Global Science and Engineering Program)について意見交換・協議を行いました。
本部局間学術・学生交流協定に基づき、今年度は北アリゾナ大学から4名の交換留学生を受け入れる予定です。


左より、矢野准教授、吉田支援室長、岡田研究院長、Doerry教授、山田研究院長、渡邊教授

| 九州大学工学系国際交流センター | 2014.05.12


平成26年2月21日 ベトナム教育訓練省副大臣らの表敬訪問

 2月21日(金)の午後、工学研究院は、ベトナム教育訓練省(日本の文部科学省に相当)のブィ・ヴァン・ガー副大臣ら一行8人の表敬訪問を受けた。ベトナムは東南アジア初の原子力発電プラントの稼動を目指している。同国はロシアに続き日本から2機の原子炉を導入することになっているが、技術者・研究者の人材育成が急務になっている。一行は、伊都キャンパス内の原子力教育研究などに関わる施設を見学した後に、山田研究院長、渡邊副研究院長、エネルギー量子工学部門長らと懇談した。山田研究院長は、表敬訪問を歓迎するとともに、同国からの要請を受け、修士・博士号を取得する学生の受け入れを表明した。ブィ・ヴァン・ガー副大臣は、ベトナム政府が原子力発電所設置に向けて技術者育成を進めており、2016年から5年間に合計350名の学生・研究員を日本に派遣するとともに、研究者養成のために修士号や博士号を取得させる計画であることを説明した。九州大学では、同省国際教育開発局と3月に大学院生受け入れに関わる覚書を締結する予定である。

| 九州大学工学系国際交流センター | 2014.02.25


平成26年1月15日~17日ルンド大学Magnus Larson教授、Ronny Berndtsson 教授来校

ルンド大学工学部と九州大学工学研究院とのダブルディグリープログラムの派遣先となるWater Resources EngineeringよりMagnus Larson教授とRonny Berndtsson 教授を招聘し(平成26年1月15日~1月17日)、工学部土木系学科と資源工学科の4年生および3年生に対するLund大学のプロモーションをお願いしました。また土木系学科と資源工学科の若手教員との研究討議および懇談をおこなって、今後の研究協力の可能性について意見交換をしました。


3年生にプロモーション中の Berndtsson教授とLarson教授


3年生と質疑応答中のBerndtsson教授とLarson教授


4年生にプロモーション中のLarson教授


研究討議・懇談後の記念撮影

| 九州大学工学系国際交流センター | 2014.01.29


平成25年10月6日~10月9日スエーデンルンド大学訪問

平成25年10月6日~10月9日にかけて、吉田室長と工学研究院地球環境部門矢野真一郎准教授が、スエーデンのルンド大学工学部(Lund University LTH)を、ルンド大学工学部と九州大学工学研究院とのダブルディグリープログラム(DDP)のプロモーションのため訪問しました。
ルンド大学工学部副工学部長(国際担当)のPer Warfvinge 教授およびInternational Officeのhead、Ms. Christina GrossmanとDDPについて意見交換をすると共に、工学部生に対するプロモーションを行いました。
ついで、九大生の派遣先となる大学院コースWater Resources EngineeringのMagnus Larson教授およびRonny Berndtsson 教授とDDPおよび研究協力に関する意見交換を行い、Berndtsson教授の授業時間を一部使ってクラス学生に対するプロモーションを行いました。
また、Water Resources Engineeringにおいて矢野准教授による「"Mercury Dynamics in Coastal Environment"」と題するショートセミナーを行いました。


講義時間を使ってのDDPプロモーション(吉田室長)


工学部でのDDPプロモーション(矢野准教授)


教員室前廊下で記念撮影(左から矢野准教授,吉田室長,Berndtsson教授,Larson教授)

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2013.10.29


平成25年7月8日に駐日ルワンダ共和国大使来訪。

平成25年7月8日に、駐日ルワンダ共和国大使ご夫妻が工学研究院を表敬訪問されました。
渡邊公一郎副工学研究院長、糸井龍一教授、藤光康宏准教授と会談され、ルワンダで積極的に推進している地熱発電に関する意見交換を行いました。その後、地球資源 システム工学部門の研究室を見学されました。

| 九州大学工学系国際交流センター | 2013.07.09


平成25年6月21日にボルドー大学訪問団来訪。

平成25年6月21日に、フランス ボルドー大学のマヌエル・テュノン ド ララ 学長ほか7名の訪問団が工学研究院を訪問され、渡邊公一郎副工学研究院長・松村昌副工学研究院長・君塚教授・藤ケ谷准教授・吉田国際交流支援室室長らと会談されました。君塚教授が本学のCOE未来分子システム科学コースについて、藤ヶ谷准教授がナノテク・プラットホームについて説明され、ボルドー大学側からは、マヌエル・テュノン ド ララ 学長からIdEX (卓越した高等教育研究拠点プロジェクト) についての説明があり、引き続き、応用化学部門の施設を見学されました。

             

| 九州大学工学系国際交流センター | 2013.06.26


平成25年6月17日、北アリゾナ大学Eck Doerry教授が訪問されました。

平成25年6月17日に、米国北アリゾナ大学 Global Science and Engineering Program(GSEP) のDirector  Eck Doerry 教授が九州大学を訪問されました。
本学、谷口研究院長(システム情報科学研究院)、松村副工学研究院長、渡邊副工学研究院長、吉田国際交流支援室室長ならびに矢野准教授と会談され、北アリゾナ大学におけるGSEPに関する意見交換を行いました。

      

              左より,松村教授、谷口教授、Doerry教授、渡邊教授、吉田教授、矢野准教授
 

 

| 九州大学工学系国際交流センター | 2013.06.20