令和4年度ELEP

令和4年度ELEP( Engineering Leaders English Program) Hybrid 説明会開催

毎春実施している短期留学プログラムELEP(イーレップ)は、九州大学工学部(府)が実施する工学系学生向けプログラムで英語研修とアントレプレナーシップ研修を通じて、イノベーションを起こしグローバルに活躍できる⼈材を養成することを目的にしています。過去2年間は新型コロナウイルスの影響により、オンラインのみで実施でしたが、本年度は「オンライン」と「オンライン+短期留学」のハイブリット型で実施します。

この研修でしか経験できない内容がELEPには組まれています。新しい力を身に付けられるELEPに、ぜひ積極的にご参加下さい。

オンライン説明会を、下記のとおりZoomで実施しますので、まずはお気軽に説明会にご参加下さい!

【オンライン説明会】
第1回 2022年 9月 1日(木) 10:00~11:00
第2回 2022年 9月14日(水) 15:00~16:00
第3回 2022年10月 7日(金) 16:40~17:40
共通参加リンク
https://zoom.us/j/94403151225  Meeting ID: 944 0315 1225

毎回、同じ内容ですので、都合の良い日時にご参加下さい。
上記説明会に参加出来ない方には、録画した説明会のURLを送ります。
eng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jpまでお問い合わせ下さい。

【プログラム詳細】
コロナウイルスの状況によっては、すべてのプログラムがオンラインに変更となる可能性があります
内  容:
・オンライン参加者
 米国、サンノゼ州立大学 のオンライン英語研修
 サンノゼ州立大学の学生との交流
 シリコンバレーで活躍されている起業家の方々による講演
 デザイン思考をベースにした仮想起業プロジェクト(ZTO)
・オンライン + 短期留学参加者:上記に加えて
 シリコンバレーの現地企業へのフィールドトリップ
 サンノゼ州立大学での英語プレゼンテーション研修および発表会
 サンノゼ州立大学の学生やホームステイ先家族との交流
実施方法:オンライン(Zoom)および短期留学(米国・カリフォルニア州・サンノゼ)
対 象 者:工学部・工学府・システム情報科学府の日本人学生。
 コロナワクチン3回接種完了後、日本を出発する日までに十分な免疫が確認される期間を経ていることを強く推奨します(短期留学参加の場合)。
実質参加費:オプション1(オンラインの場合 ):1万円程度
      オプション2(オンライン + 短期留学 ):45万円程度
 ※奨学金が、受講終了後に工学部(府)・システム情報科学府等より支給されます。この実質参加費は奨学金を差し引いた参加費です。
単  位:単位付与あり(工学部生:参考科目・工学府生:共通科目)
申請方法こちらよりオンライン申請
 オンライン申請時、エッセイタイトルに、オプション1と2のどちらのオプションを希望するかを記入して下さい。
募集締切:2022/10/31(月)
募集人数:30名程度

【スケジュール】

詳細はELEPポスター募集要項をご覧ください。

【お問合せ先】
工学研究院附属国際教育支援センター(W4号館2階教務課内)
担当:水谷・原口 E-mail: eng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jp  TEL:092-802-3870

令和4年度Q2PEC

オンライン講義 UQ Engineering Sessions 参加者募集!【Free】Online Lectures _ UQ Engineering Sessions

UQ Engineering Sessionsでは、オーストラリア・クイーンズランド大学(UQ)の工学部教員による、各大学の最先端の研究紹介・講義を英語で行います。留学を考えている方は、そして、まだ知らない九州大学の研究を英語で学んでみませんか?講義には、クイーンズランド大学の学生も参加しますよ。興味のある講義に、ぜひご参加ください。皆さんのお申込みをお待ちしております。

At UQ Engineering Sessions, engineering faculty from the University of Queensland (UQ), Australia, will introduce their research and give lectures in English. If you are thinking of studying abroad, this is your chance to learn about lectures from overseas! UQ students will also attend the lectures. We are looking forward to your participation.

日程 2022年9月19日(月)~9月22日(木)まで、全4回 
時間 13:00-14:30 (日本時間)
対象 九州大学の学生
※興味のある講義にお申込みください
・オンラインにて講義を行います(ZOOM使用)
・参加費無料です
Dates: 4 sessions from Sep. 19 (Mon.) to Sep. 22 (Thu.)
Time: 13:00-14:30 (Japan time)
Eligible applicants: Kyushu University students
※You can chose a lecture you would like to attend.
・Online English lectures (using ZOOM)
・Free
お申込みはこちら Register from here

【講義日程】 / 【Lecture Schedule】



Q²PEC(Qshu-Queensland Program for English Communication) オンライン2022 説明会実施

毎年実施している短期留学プログラムQ²PECは、本年度も新型コロナウイルス感染症の影響で、残念ながらオンラインで実施する事となりました。オーストラリアのブリスベンにあるTAFE(Technical and Further Education)において、世界各国からの留学生に混じって英語研修ならびにオーストラリアのトップ8大学にも入るクイーンズランド大学(UQ)の工学系のオンライン講義を英語で受けるプログラムです。英語力向上に加えて、グローバルマインドや学位留学への意識向上を目指します。工学部が独自に実施しているプログラムで、工学部(府)・システム情報科学府からの支援があり、単位も付与されます。オンライン講義を通して、夏休みを有意義に過ごしませんか?

説明会をオンラインと対面で下記のとおり実施します。

【プログラム説明会】
第1回 2022年4月27日(水) 18:20~18:50 オンライン(下記Zoom URL
第2回 2022年5月10日(火) 16:40~17:10 対面
   ウエストゾーン 総合学習プラザ1F 第7講義室  
第3回 2021年5月13日(金) 18:20~18:50 オンライン(下記Zoom URL

Zoom URL: https://zoom.us/j/92018861829
Meeting ID: 920 1886 1829
※説明会はすべての回,同じ内容ですので都合の良い日時に参加して下さい。
上記の日時に参加出来ない場合は、センターeng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jpまでご連絡ください。

【プログラム詳細】
実施期間:2022年8月22日(月)~9月23日(金) 5週間
実施方法:Zoomを使用してオンラインで実施
対 象 者:工学部・工学府・システム情報科学府の日本人学生
費  用:約10万円 (工学部より奨学金あり)※
単  位:2単位 (参考科目・共通科目)
募集人数:20 ~25人 (GPA・英語成績による選考あり)
募集締切:2022/ 6/ 5(日)申請は4/27の午前9時より開始
申請方法:オンライン申請 https://irose.kyushu-u.ac.jp/form_q2pec/

※2021年度の参加費は約9万円でしたが、実質負担額は2千円程度でした。
(GPA・出席率等条件を満たす必要があります。)


【研修内容】
月~金 午前(7:15~11:30)
世界各国の学生とGeneral EnglishをZOOMを利用してオンライン受講 
月~金 午後(13:00~)
UQ工学系教員による特別講義等(1週間ほど)

※詳細は、チラシ要項をご覧下さい。

<問い合わせ先>
工学研究院附属 国際教育支援センター(W4号館2階教務課内)
担当:水谷・原口 
e-mail: eng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jp

Q²PEC(Qshu-Queensland Program for English Communication) 2022 説明会実施

いよいよ短期留学開始!オーストラリアのブリスベンにあるTAFE(Technical and Further Education)において、世界各国からの留学生に混じって英語研修ならびにクイーンズランド大学(UQ)の工学系の講義を英語で受けるプログラムです。工学部が独自に実施しているプログラムで、工学部(府)・システム情報科学府からの支援があり、単位も付与されます。

滞在地ブリズベンはサンシャイン・ステートと呼ばれるクィーンズランド州に属していて、その名の通り1年中明るい太陽の光が降り注ぐオーストラリア第3の都市です。温かい春の陽気のなか、美しいキャンパスで有意義な夏休みを過ごしませんか?説明会をオンラインと対面で下記のとおり実施します。

【プログラム説明会】
第1回 2022年4月27日(水) 18:20~18:50 オンライン(下記Zoom URL
第2回 2022年5月10日(火) 16:40~17:10 対面
   ウエストゾーン 総合学習プラザ1F 第7講義室  
第3回 2021年5月13日(金) 18:20~18:50 オンライン(下記Zoom URL

Zoom URL: https://zoom.us/j/92018861829
Meeting ID: 920 1886 1829
※説明会はすべての回,同じ内容ですので都合の良い日時に参加して下さい。
上記の日時に参加出来ない場合は、センターeng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jpまでご連絡ください。

【プログラム詳細】
実施期間:2022年8月20日(土)~9月26日(月) 5週間
実施方法:オーストラリア ブリスベンで実施予定
    (コロナウイルスの状況でオンラインへの変更可能性あり。)
滞 在 先:オーストラリアの一般家庭にホームステイ
対 象 者:工学部・工学府・システム情報科学府の日本人学生
条  件:7月末までにコロナウイルスワクチンを3回接種済みであること
費  用:約50万円 (工学部・JASSOより奨学金あり)※
単  位:4単位 (参考科目・共通科目)
募集人数:10 ~15人 (GPA・英語成績による選考あり)
募集締切:2022/ 6/ 5(日)申請は4/27の午前9時より開始
申請方法:オンライン申請 https://irose.kyushu-u.ac.jp/form_q2pec/

※2019年度の参加費は42万円でしたが、実質負担額は23万円程度でした。
(GPA・出席率等条件を満たす必要があります。)

【研修内容】
◇月~金曜日
 午前:(8:15~12:30)
 世界各国の学生とGeneral Englishを受講(TAFE提供) 
 午後:(1週間程度)
 UQ工学系特別講義や研究室訪問(オンラインの場合、特別講義のみ実施。)

※詳細は、チラシ募集要項をご覧下さい。

<問い合わせ先>
工学研究院附属 国際教育支援センター(W4号館2階教務課内)
担当:水谷・原口 
e-mail: eng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jp

九大3MTコンペティション参加者募集

九州大学国際部では、九大3MTコンペティション参加者を募集しております。

【3MTとは?】

1枚のスライドのみを用い、3分間で自分の研究について英語でプレゼンテーションする国際大会です。本学の協定校である、クイーンズランド大学(オーストラリア)で2008年に始まり、今では、85か国900以上の大学が参画している、知名度並びに評価の高いコンペティションとなっています。
3MTは、学生の学術研究、プレゼンテーション、及び研究コミュニケーション力を洗練することを目的としています。また、より多くの人に研究を知ってもらえるように、専門分野外の人にも伝わる説明することが求められます。

(イベント詳細ページ)
 (日)https://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/event/3mt_competition
 (英)https://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/en/event/3mt_competition

(ちらし)

【お問い合わせ】

国際部国際企画課国際企画係
E-mail: intlsurvey★jimu.kyushu-u.ac.jp (★を@に変更ください)

ELEP 10周年記念イベント開催(オンライン)

九州大学工学部(府)が実施する工学系学生向けの短期留学プログラムELEP(Engineering Leaders English Program)は、2022年で10周年を迎えました。ELEPは、工学部生を対象にして、米国シリコンバレー(サンノゼ州立大学)における英語及びアンテレプレナーシップ研修を通じて、イノベーションを起こす、グローバルに活躍できる人材を養成すること」を目的として2012年度より実施されています。今までELEPにご協力・ご参加いただいた皆様への感謝の気持ちをこめて、オンライン記念イベントを開催いたします。ELEP卒業生による講演では、プログラムで学べる起業家精神(アンテレプレナーシップ)や、プログラムで学んだことをお話しいただきますので、ELEPプログラムを知らない学生の皆さんも、ぜひご参加ください。

日時:3月14日(月) 式典 13:00-14:20 / 懇親会 14:40-15:30

開催方法:式典 ZOOM / 懇親会 Spatial Chat

申込先こちら

SpatialChatとは?使い方はこちら ※アプリをダウンロードする必要はございません

Zero To One 参加者募集

ZERO TO ONE とは?
デザイン思考をベースにした「全く何もないところ(Zero)から何か(One)を作り出す」という仮想起業プログラムです。「デザイン思考」という手法を学び、プロセスを経て、イノベーション能力を培います。 ビジネスプランの作成の仕方についても講義と指導があり、グループでビジネスプランを立て、1週間のプログラムの最後に発表を行います。このZTOは工学研究院が実施しているELEP(Engineering Leaders EnglishProgram)の一環として実施され、どの学部・学府の方でも参加可能です。

また、2月15日~3月12日の期間中(主に火・木・土)には、シリコンバレーで実際に活躍されている方のオンライン講演を予定しており、この講演への参加もできます。講演者をGoogle・SoftBank Robotics・Rakuten USA・Honda R&D・大林組等、有名企業から迎え、シリコンバレーの成り立ち・裏話・経験談など、現地から生の声を聴くことが出来ます。日本に居ながら、米国の起業の仕組みについて学べるまたとないチャンスです!他学部の学生と一緒に春休みを有意義に過ごしませんか?

◆ZTOプログラム期間:2022年3月14日(月)~18日(金)9:00~16:00   
※プログラム開始前から事前講座等を数回予定しています。

◆実施方法:Zoomを利用したオンラインもしくはハイブリッド(オンラインと対面のMix)
※対面の場合の実施場所は伊都キャンパスとなります。

◆参加対象者:九州大学学生(日本語が話せる留学生もOKです。)

◆募集人数:20名程度(先着順)

参加費:無料

◆応募方法:Google form より申込 https://forms.gle/m4puyF3zJoeton6E7

◆募集締切:2022年2月13日(日)

問い合わせ先:国際教育支援センター 
Tel : 092-802-3870 
e-mail:eng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jp

九州大学&サンノゼ州立大学 Mini COIL program参加者募集!

COILとは?Collaborative Online International Learningの略称で、今回のCOILでは、サンノゼ州立大学で日本文化を学んでいる学生とのオンライン交流プログラムとなります。

詳しくは、
-違う国に住む人々が オンライン・コミュニケーションを通して、協働的に学ぶ活動
・4人程の小グループで6回のセッションを行う
-英語と日本語を織り交ぜて活動する
・九州大学の学生は、できるだけ英語を使う
・サンノゼ州立大学の学生は、できるだけ日本語を使う
・意思疎通が図れない時は、母語を使ってもよい
※セッション内容等についてはCOIL概要説明をご確認下さい。

実施日時:2022年2月18・25日 / 3月4・11日(毎週金曜日、9:30~10:30)
     3月18・25日(毎週金曜日、9:00~10:10)
参加対象者:九州大学の学生
参加方法:Zoomでオンライン参加
募集人数:15名(先着順)
参 加 費:無料
応募〆切:2021年12月31日
応募方法:下記Google Formより応募(アンケート回答が応募となります)

https://forms.gle/nZfrYbKGxZhicQ7G8

日本に居ながら、アメリカの社会のことや、アメリカの学生の事を知る良い機会です。沢山の方のご応募をお待ちしております。

-お問合せ先-
九州大学 工学研究院附属 国際教育支援センター 水谷由美
TEL:092-802-3870
Mail(センター): eng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jp
Mail(個人):mizutani.yumi.600@m.kyushu-u.ac.jp

2021年度/令和3年度 FD活動

工学部及び農学部では、平成30年度から令和3年度までの4年間、海外の大学より協力を得て、NEEP(教育の質向上支援プログラム)「理系国際教育支援センターによるSTEM 科目の教授法の開発」の取組を実施しております。今年度は、英語講義の経験が豊富な九州大学の教員4名に、「留学生に対する英語講義」について対談を行っていただき、ビデオを作成いたしました。ビデオは、初めて英語で講義を行う若手教員への教材として配信しております。

2021年度ELEP( Engineering Leaders English Program) オンライン説明会開催

毎春実施している短期留学プログラムELEPは、昨年度に引き続き本年度も新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインで実施する事となりました。ELEPでは、世界のどこに行っても活躍できる、イノベーションを起こせる人材を作ることを目的としています。そのために、米国カリフォルニア州のサンノゼ州立大学(SJSU)によるオンライン英語研修、プレゼンテーション発表会、SJSU学生とのオンラインによる交流、シリコンバレーで活躍されている起業家やベンチャーキャピタルによるオンライン講義、そして1週間のZero to Oneプログラムにより、デザイン思考法を用いて新しいビジネスを作るプロセスを経験します。また本年度ELEPは10周年を迎え、10周年記念イベントもプログラム内で開催します。

オンライン説明会を、下記のとおりZoomで実施します。 まずはお気軽に説明会にご参加下さい!

【オンライン説明会】
第1回 2021年9月28日(火) 10:00~10:40
第2回 2021年10月 8日(金) 12:10~12:50
第3回 2021年10月13日(水) 18:20~19:00
https://zoom.us/j/91726987023  
Meeting ID: 917 2698 7023
説明会は同じ内容になりますので、都合の良い日にご参加下さい。

説明会の資料はこちらからダウンロード できます。
録画はこちらからご覧いただけます。(外部サイトです。)

【プログラム詳細】
実施期間:2022年2月15日(火)~3月18日(金) 5週間
実施方法:Zoomを利用しオンラインで実施
対象者:工学部・工学府・システム情報科学府の日本人学生
募集人数:30名程度
実質参加費:1万円程度 (奨学金受給後。参加人数により変動有。)
単位:4単位付与 (工学部生:参考科目・工学府生:共通科目)
申請方法:Google Form オンライン申請
募集締切:2021年10月31日(日)
※プログラム終了後、奨学金が工学部(府)・システム情報科学府より支給されます。

【研修内容】
◇1~4週目
月曜日 午前:講演・イノベーション研修等
火~金曜日 午前:英語研修 SJSU I-Gateways実施
◇5週目
月~金曜日 終日:Zero to One プログラム・10周年記念イベント
(芸術工学研究院との連携により実施)
プログラム実施期間とは別に、事前講義をプログラム開始前に実施します。
申請はGoogle formでのオンライン申請に変更しています、このホームページ上のオンライン申請は受け付けていませんので注意して下さい。
詳細はELEPポスター募集要項をご覧ください。
オンライン申請は2021年9月28日(火)から受付を開始します。

【お問合せ先】
工学研究院附属国際教育支援センター(W4号館2階教務課内)
担当:水谷 E-mail: eng-intl@jimu.kyushu-u.ac.jp  TEL:092-802-3870

【教員向け情報】FDイベント“Learner-centred approaches to teaching and learning”

オランダ・グローニンゲン大学 (※The international Tuning Academy) の協力のもとで、「教育現場の問題点および学生と教員に与える影響について」また「問題の根本的な解決方法について」を課題に、大学教育の新たな世界標準となって来ているTUNING Educational Structuresの教育法を学ぶワークショップを行います。ワークショップ終了後は、秋学期講義で実践いただき、フォローアップを12月上旬に行います。2月に活動をまとめたレポートを提出後、修了書が授与されます。

The international Tuning Academy とは

日時:9月22日(水) 15:00-17:00 JST
実施方法:Zoomを使用してオンラインで実施 
使用言語:英語
対象者:秋学期講義担当の教員(工学研究院・システム情報科学研究院・農学研究院、総合理工学研究院、芸術工学研究院、その他STEAM教育に関心がある教員)
募集人数:20名
募集締切:9月1日(水)
<ファシリテーター>James Cannon准教授/工・国際教育支援センター 副センター長
※9月上旬に課題資料を配布いたします。当日までに課題に取り組む必要があります。当日は少人数グループでディスカッションを行います。
 ※12月上旬に、フォローアップ(コミュニケーションアプリSlackを使用)を行います。 2月にレポートを提出後、修了書が発行されます。

理系・文系に関わらず、秋学期に講義担当をお持ちの教員を対象に開催します。多くの方のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちら

【参加費無料】KU×UQ英語講義 Engineering Sessions 参加者募集!

Engineering Sessionsでは、オーストラリア・クイーンズランド大学(UQ)の工学部教員と九州大学(KU)工学部教員による、各大学の最先端の研究紹介・講義を英語で行います。留学を考えている方は、海外の講義を知るチャンスです!そして、まだ知らない九州大学の研究を英語で学んでみませんか?講義には、クイーンズランド大学の学生も参加しますよ。興味のある講義に、ぜひご参加ください。皆さんのお申込みをお待ちしております。

【Engineering Sessions】  
日程 9月6日(月)~9月17日(金)まで、全10回 
時間 13:00-14:30 (日本時間)
※興味のある講義にお申込みください
オンラインにて講義を行います(ZOOM使用)
参加費無料です

お申込みはこちら
9月6日(月) Casting & Additive Manufacturing 
(Prof. Kazuhiro Nogita, Dr. Stuart McDonald, From Queensland University)

9月7日(火) Ultramicroscopy
(Prof. Syo Matsumura, From Kyushu University)

9月8日(水) Hydrogen Energy
(A/Prof. Stephen Matthew Lyth, From Kyushu University)

9月9日(木) Hypersonic
(Prof. David Mee, Prof. Richard Morgan, Dr. Chris James, From Queensland University)

9月10日(金) Organic Optoelectronic Devices
(Prof. Chihaya Adachi, From Kyushu University)

9月13日(月) Chemical Engineering
(Prof. Lianzhou Wang, Dr. Jung Ho Yun, From Queensland University)

9月14日(火) Australian Institute for Bioengineering and Nanotechnology - AIBN
(Prof. Yusuke Yamauchi, Dr. Na, Dr. Dipak, From Queensland University)

9月15日(水)Nano Materials
(Prof. Jin Zou, From Queensland University)

9月16日(木)Mining Engineering
(Prof. Peter Knights, From Queensland University)

9月17日(金)H2 Storage, UQ-KU project
(Prof. Kazuhiro Nogita, Dr. Xin Fu Tan, From Queensland University)