2019年度/平成31年(令和元年)度UQ-JPIE報告

The University of Queensland-Japan program for Industry Experience 2019 (UQ-JPIE)

プログラム概要

令和元年7月1日(月)~7月12日(金)の2週間、オーストラリアのクイーンズランド大学(UQ)機械鉱山工学部から15名の学生を本学工学部に迎え、第3回目である「UQ-JPIE(The University of Queensland-Japanese Program for Industry Experience)」を実施しました。このプログラムは、豪州政府による取り組みのひとつであるNCP(新コロンボ計画)によるもので、豪州人学生の留学やインターンシップへの支援を通じて、インド太平洋地域についての造詣を深めることを目的としています。平成27年度に開始した九州大学(KU)とクイーンズランド大学(UQ)との「UQ-KU Project」の取組の一環として、本学とUQが連携して企画し、オーストラリア政府が推進する留学施策「新コロンボ計画」に採択されたものです。プログラム実施に際しては、本学工学部が国際部/国際戦略課と連携し、オーストラリア総領事館など学外の団体、企業からも協力支援を頂きました。

UQ学生は、本学の研究者による特別講義や学内の施設見学、日本を代表する企業を訪問するフィールドトリップへの参加を通じて、日本の産業技術を理解すると共に、日本の産業発展の歴史や日本のビジネス習慣について学びました。また、本学工学部所属の日本人学生を対象とした短期海外研修プログラム「Q²PEC」と連携し、UQに8月から6週間滞在する九大生と「バディ」を組み、プログラム期間に双方向交流を行いました。

オープニングセレモニー

7月1日(月)に本プログラムのオープニングセレモニーを開催しました。セレモニーでは、特別ゲストである駐福岡オーストラリア総領事イアン・ブレイジア氏よりUQ学生へ激励のお言葉を頂きました。またキャンパスツアーでは、初めて訪れる伊都キャンパスを国際コース学生のガイドのもと、楽しんで見学しました。

開会の辞(工学研究院 久枝研究院長)
ご挨拶(九州大学 久保総長)
(祝辞)イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事
   (閉会の辞)工学研究院 園田副研究院長
オープニングセレモニー集合写真

歓迎会

オープニングセレモニー後にランチ歓迎会を開催し、若山理事が乾杯の挨拶を行いました。食事をとりながら和やかな雰囲気の中、UQ学生がプログラムの意気込みを九大関係者と共有しました。

乾杯の挨拶(九州大学若山理事) 
UQ学生代表 ダヴィカ クルニカさん 挨拶
九州大学学生代表 梅原三紀雄さん 挨拶
歓迎会の様子

駐福岡オーストラリア総領事イアン・ブレイジア氏 特別講義

歓迎会後は、駐福岡オーストラリア総領事、イアン・ブレイジア氏による「オーストラリアと九州経済のつながり」についての講演が行われ、九州の経済がオーストラリアとどのような関係を持ち、影響を及ぼしているか、また九州における経済の成り立ちについて理解を深めました。プログラム初日に九州の経済について学ぶことで、非常に有意義のあるスタートを切ることができました。

講義①: 工場見学事前講義

実際に工場を見学する時により深く知識を得るため、各企業様を訪問する前に「工場見学事前講義」を行いました。機械工学部門の田原健二准教授より「ロボット」について、電気システム工学部門の東川甲平准教授より「超伝導システム科学」について、海洋システム工学部門の後藤浩二教授より「造船工業」について、材料工学部門の田中將己教授、土山聡宏教授より「鉄鋼」について、5名の講師がそれぞれの分野に基づいた工場見学事前講義を行いました。

田原准教授による「ロボット工学」事前講義
東川准教授による「超伝導システム科学」事前講義
後藤教授による「造船工業」事前講義
田中教授・土山教授による「鉄鋼」事前講義

講義②: 本学の先端研究紹介に基づいた講義

エネルギー量子工学部門より松村晶教授、分子集積化学部門より高原淳教授、カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)よりStaykov Aleksandar Tsekov准教授、エネルギー研究教育機構よりStephen Lyth准教授、最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)よりドクターW.J.Potscavage、5人の教員により九州大学における最新研究成果についての講義と最先端の学内研究施設が紹介されました。

ドクターW.J.Potscavageによる「OPERA」施設見学
Stephen准教授による「水素ステーション」施設見学
水素ステーションでの集合写真
松村教授による「超顕微解析研究センター」施設見学

講義③: 日本の産業に関する講義

機械工学部門の河野正道教授、工学研究院のSchröeder Martin准教授より、日本産業の歴史と発展、日本産業の背景から産業分野全体について幅広く学びました。フィールドトリップの訪問先であるトヨタ自動車株式会社についても講義を行い、歴史的背景から学ぶことが出来ました。

河野教授の講義
Schröeder准教授の講義

講義④: 日本ビジネスマナー講義

工学研究院の許斐ナタリー准教授より、日本ビジネスマナー講義を行いました。UQ学生は日本のビジネスシーンにみられる、名刺の渡し方や、会議における座席の位置、取引先との挨拶の仕方など、オーストラリアには無い日本独特のビジネスマナーを学びました。講義後、工場見学先の企業ご担当者様と名刺交換を行うなど早速学んだマナーを実践しました。

許斐准教授の講義
名刺交換のワークショップ

世界で活躍する日本企業の工場見学

今回のプログラムの主なテーマの一つである、世界で活躍する日本企業様への工場見学を行いました。今年度は株式会社ブリヂストン様、日本製鉄株式会社様、トヨタ自動車九州株式会社様、三菱重工船舶海洋株式会社様、株式会社安川電機様、TOTO株式会社様、株式会社SUMCO様、三菱電機株式会社三菱パワーデバイス製作所様、J-POWER電源開発株式会社様の工場やミュージアムを訪問しました。昨年の参加学生にも大変好評でありましたが、今回も日本が世界に誇る産業技術を直接見て学び、非常に充実した訪問となりました。

株式会社安川電機様 みらい館
三菱重工船舶海洋株式会社様 長崎造船所香焼工場
株式会社ブリヂストン様 北九州工場
トヨタ自動車九州株式会社様 PR館

TOTO株式会社様 ミュージアム見学
 J-POWER電源開発株式会社様

九大生との交流-九大Q²PEC参加学生「バディ」との顔あわせ

本学工学部の短期研修プログラム「Q²PEC」でクイーンズランド大学に8月から6週間滞在する予定の九大学生が、滞在中のUQ学生の生活をサポートする「バディ」となり、交流しました。プログラム初日に、それぞれのバディと顔合せを行いました。自己紹介後は、お互いの趣味や大学生活について話し、大変盛り上がりました。仲良くなったバディと共にUQ生の講義後や週末に、海へ遊びに行く学生や、大宰府や柳川へ出かける学生など積極的に交流しました。7月15日(日)は、博多祇園山笠を見学に行く学生もいました。

UQ-KUワークショップと閉会式

プログラム最終日には、UQ学生と九大学生が意見を交換するワークショップの形式で、クイーンズランド大学(UQ)学生と昨年度Q²PECに参加した九州大学(KU)学生が、それぞれのプログラムを通して学んだことや課題について、九大学生は代表者5名、UQ学生は3名ずつ5チームに分かれプレゼンテーションを行いました。滞在中に学んだこと、感じたことなど、趣向を凝らした発表形式でプレゼンテーション発表を行い、発表後は質問を多く取り上げ、活発に意見交換を行いました。また、閉会式では本学の久枝工学研究院長と松村副研究院長よりUQ学生の輝かしい未来に向けて、激励のメッセージを送り、日本の受賞式典の形式に沿って久枝研究院長からUQ学生へ修了証授与式を行いました。

松村副研究院長による開会の辞
UQ学生のプレゼンテーション発表
UQ学生修了証授与
UQ学生から久枝研究院長へ記念品の贈呈
KU学生代表挨拶
久枝研究院長による閉会の辞

送別会

今年Q²PECに参加する九大学生が中心となって、送別会の運営・司会進行を行いました。プログラム中にUQ学生と「バディ」を組んでいた九大学生や、プログラム中に講義を担当した講師が参加しました。送別会の最後は松村副研究院長による、博多一本締めを行い、プログラムの修了を祝うこととなりました。学生たちは、8月クイーンズランド大学での再会を楽しみに、お別れの言葉を交わしました。

送別会

謝辞

この度は、2019年度UQ-JPIEプログラム(The University of Queensland-Japanese Program for Industrial Experience)の2週間において、工場見学を快く引き受けてくださいました企業様、講師の方々や関係者の皆様からのご支援・ご協力のおかげで無事にプログラムが終了出来ましたこと、工学研究院附属国際教育支援センタースタッフ一同心より感謝を申し上げます。また、在福岡オーストラリア総領事館の皆様におかれましては、例年多大なるご尽力をいただき誠に感謝いたします。
UQ学生たちは講義やフィールドトリップなどを通して、世界で活躍する日本産業技術を直接見て学び、産業界の現況を含む日本の工学技術の発展の歴史や、日豪のビジネス習慣の違いを体験するなど、非常に充実した2週間を過ごしました。本プログラムに参加したUQの学生たちが、帰国した後も今回のプログラムで学んだことを今後のキャリアに生かし、将来、日本とオーストラリアの架け橋となってくれることを期待しています。
今後とも一層のご厚誼ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019 UQ-JPIE

Program

This program was held in July in 2019. It was an intensive 2-week program supported by the New Colombo Plan of the Australian government, designed to give selected Australian student engineers from the University of Queensland the opportunity to learn about the world-leading research and industries of Japan. During this program, 15 students attended seminars on cutting-edge engineering research at Kyushu University and visited 9 leading companies from Japanese industry, based in or with a large presence in the Kyushu area, such as TOYOTA MOTOR KYUSHU,Inc. and YASKAWA Electric Corporation. This gave the 15 UQ students the opportunity to study about Japanese Business Culture and become familiar with the Kyushu area in general.

Opening ceremony

The opening ceremony was held on Monday July 1st. Mr. Ian Brazier, the Australian Consul-General of Fukuoka attended as special guest.

(Left) Opening address from Prof. Yoshio Hisaeda, Dean of the Faculty of Engineering  (Right) Greetings from Prof. Chiharu Kubo, President of Kyushu University

(Left)Greeting from Mr. Ian Brazier (Australian Consul-General Fukuoka)  (Right)Closing address from Prof. Yoshimi Sonoda, Vice Dean of the Faculty of Engineering

Opening Ceremony

Welcome Lunch Party

A welcome lunch-party was held after the opening ceremony to welcome the UQ students

(Left)Prof Masato Wakayama, Executive Vice President, Kyushu University  (Middle,Right)Greetings form representative of UQ students and KU students

Welcome party

Plenary Lecture

Australian Consul-General Fukuoka, Mr. Ian Brazier gave a lecture entitled “The connection of Australian and Kyushu economies”. UQ students had the opportunity to learn important background information about industry of the Kyushu area linked to Australia.

Lecture by Mr. Ian Brazier, Australian Consul-General Fukuoka.

Industry pre-visit seminars

To prepare students for field trips, a series of 4 lectures from faculty specialist in relevant areas were given, such as a seminar about shipbuilding by Prof. Koji Gotoh. Students were able to gain important knowledge and the background understanding to enable them to get the most out of their industrial visits.

(Left)Assoc. Prof.Kenji Tahara gave a lecture about “Robotics Technology in Japan”.
(Right)Assoc. Prof.Kohei Higashikawa gave a lecture about “Electrical Engineering and Superconducting Engineering for Advanced Applications”.

(Left)Prof. Koji Gotoh gave students a lecture about “LNG Carrier and Hull Construction Process”, prior to the visit to the Nagasaki Shipyard & Machinery Works of Mitsubishi Heavy Industries.(Right)Students had a lab tour with Prof. Masaki Tanaka and Prof. Toshihiro Tsuchiyama.

World-leading research at Kyushu University

To exemplify the world-leading research being carried out at the School and Faculty of Engineering, students attended a number of seminars and lab tour with leading faculty members, including an introduction about the Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) with Dr. William Potscavage  and an overview of the Ultramicroscopy Research Center with Prof. Syo Matsumura. Also, students could visit the hydrogen station with Assoc. Prof. Stephen Lyth.

(Left) Prof. Takahara Atsushi gave a lecture about “Fundamental Science and Engineering of Soft Materials for Next Generation Mobility”
(Right) Assoc.Prof. Aleksandar Staykov gave a lecture about “Chemical Processes at Surfaces and Interfaces. Insights from the Theory”

(Left)Dr. Potscavage explained to students during a tour of [OPERA].
(Right)Assoc. Prof. Stephen Lyth gave a lecture on HYDROGENIUS. After the lecture, students visited the Hydrogenius station.

Hydrogenius station
Prof. Syo Matsumura gave a lecture about “Advanced Electron Microscopy Revealing the Atom’s Wondrous World”. After the lecture, Prof. Matsumura guided students to the Research Laboratory for High Voltage Electron Microscopy.

Special lecture series on Japanese industry

In addition to lectures related to the specific industries to be visited by the students, Prof. Masamichi Kohno and Assoc. Prof. Martin Schröder gave a lecture titled “Introduction to Japanese Industries & History of Japanese industries” and “Introduction to the Toyota Production System & Impact of ASEAN Economic Integration on Automotive Supply Chain Organisation”.

(Left)The lecture of Introduction to Japanese Industries & History of Japanese industries by Prof Masamichi Kohno.(Right) The lecture of Introduction to the Toyota Production System & Impact of ASEAN Economic Integration on Automotive Supply Chain Organisation by Assoc. Prof. Martin Schröder.

Business Japanese

As part of its rich cultural heritage, Japan has developed a unique approach to inter-personal communication during business. In order to give students an in-depth understanding of the business customs of Japan and insight into their origins, Assoc. Prof. Natalie Konomi gave a lecture “Japanese Business Communication”. After the lecture, some students exchanged their own business cards in Japanese business manner style with the staff of the factories they visited.

Assoc. Prof. Natalie Konomi with the UQ students following their lecture on Japanese business customs.

Industry visits

In order to expose the visiting University of Queensland students to the wealth of industry that Japan, and particularly the Kyushu area, has to offer, a number of industry visits were arranged, including MITSUBISHI heavy Industries, Marine Structure Co., LTD., TOYOTA MOTOR KYUSHU, INC., Bridgestone Corporation Kitakyushu Plant, TOTO LTD., YASKAWA Electric Corporation, J-POWER(Electric Power Development Co. Ltd.), SUMCO CORPORATION, Nippon Steel Corporation, and Mitsubishi Electric Corporation, Imajuku Power Device Factory.

(Left)Bridgestone Corporation Kitakyushu Plant  (Right) TOYOTA MOTOR KYUSHU INC.

(Left)Bridgestone Corporation Kitakyushu Plant  (Right) TOYOTA MOTOR KYUSHU INC.

(Left) TOTO LTD.  (Right)J-POWER(Electric Power Development Co. Ltd.)

Buddy Meeting

We arranged a special meeting for the participant of UQ-JPIE program2019 and Q2PEC program 2019. Both programs aim to exchange research and education expertise through student exchanges. This was a great opportunity to communicate between our two universities.

The UQ-KU Student Workshop & Closing Ceremony

The UQ-KU student workshop was held on the 12th of July; the last day of this program. 5 groups of UQ students and 5 KU students shared their experience and perspective through the UQ-JPIE and Q2PEC programs. Each group gave a meaningful presentation and after the presentation, students asked many questions.

(Left)Prof. Syo Matsumura,Vice president of Kyushu university, gave a speech at the Workshop.
(Right)The presentation of UQ students

(Left) Awarding of Certificate of Participation  (Right)UQ students gave a present to Prof. Yoshio Hisaeda, Dean, Faculty of Engineering

(Left)The speech on behalf of KU students   (Right)The closing remarks (Prof. Yoshio Hisaeda, Dean of the Faculty of Engineering)

Farewell Party

To mark the end of two busy weeks and celebrate the strengthened bond between parties in Japan and Australia, a farewell party was held. Students shared their experiences and thoughts with each other during the buffet dinner.

Thanks

The staff of the International Education Support Center for Engineering would like to sincerely thank the lecturers for their kind support of this program and the companies involved for allowing us to visit their factories and museums, helping to make this program a great success. We also thank the representatives and tour-guides for taking the time to introduce the facilities and answering questions from students. Special thanks are also directed to the distinguished guests and members of the Australian Consul-General Fukuoka who made time in their busy schedules to help inspire the visiting students and ensure that all could take home comprehensive understanding of Kyushu; both the University and the region as a whole. Participating students were able to attend lectures and visit representative industries in Kyushu, covering a wide range of engineering fields. The students were able to gain a sense of the current status of Japanese engineering technology and the history of its development, as well as learning about Japanese business culture.

2018 UQ-JPIE

UQ-JPIE(The University of Queensland-Japanese Program for Industry Experience) 2018

Program

This was an intensive 2-week program supported by the New Colombo Plan of the Australian government and held in July 2018, designed to give selected Australian student engineers from the University of Queensland the opportunity to learn about the world-leading research and industries of Japan. During this program, 20 students attended seminars on cutting-edge engineering research at Kyushu University and conducted visits to leading Japanese industries, either based or with a large presence in the Kyushu area, such as TOYOTA MOTOR KYUSHU,Inc. and YASKAWA Electric Corporation. Furthermore, the students had the opportunity to study about Japanese Business Culture and become familiar with the Kyushu area in general.

Opening ceremony

The opening ceremony was held on Monday 2nd of July. Distinguished guests present included Mr. Ian Brazier, Australian Consul-General Fukuoka.

 (left) President of Kyushu University, Dr. Chiharu Kubo, gives a speech at the opening ceremony
(right) Australian Consul-General Fukuoka, Mr Ian Brazier, gives a speech at the opening ceremony

Prof. Sho Matsumura,Vice Dean, Faculty of Engineering  
Prof Yoshimi Sonoda,Vice Dean, Faculty of Engineering

UQ Students

Welcome Party

A small lunch-party held after the ceremony to welcome the students.

Prof Masato Wakayama,Executive Vice President, Kyushu University
Representative of UQ students and KU students
Representative of UQ students and KU students

At the Welcome party

Plenary Lecture

Australian Consul-General Fukuoka, Mr Ian Brazier lectured about the connection of Australian and Kyushu economics. UQ students had the opportunity to learn important background information about industry of the Kyushu area linked to Australia.


Lectured by Mr. Ian Brazier, Australian Consul-General Fukuoka

Industry pre-visit seminars

To prepare students for site visits, a series of 5 lectures from faculty specialist in relevant areas were given, such as a seminar about the Shipbuilding by Prof. Koji Gotoh. Here students were able to gain important background understanding to enable them to get the most out of their industrial visits.

Prof Hazarika Hemanta gave a lecture about the research of cascaded recycling of scrap tires.
Prof Koji Gotoh gave students an introduction to LNG carriers and hull construction, prior to the visit to the Nagasaki Shipyard & Machinery Works of Mitsubishi Heavy Industries.

(left)Prof Ryo Kurazume gave a lecture on Robotics(right) Students had a lab tour with Assistant. Prof Tatsuya Morikawa

World-leading research at Kyushu University

To exemplify the world-leading research being carried out at the School and Faculty of Engineering, students attended a number of seminars and lab visits with leading faculty members, including an introduction about the Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) with Prof Chihaya Adachi and an overview of the Ultramicroscopy Research Center with Prof Syo Matsumura.

Prof Chihaya Adachi gave a lecture on [OPERA].

Dr Potscavage explained to students during a tour of [OPERA].

Prof Joichi Sugimura gave a lecture on [HYDROGENIUS].

Prof Syo Matsumura gave a lecture about electron microscopy research being carried out at Kyushu University

Assoc. Prof Stephen Lyth gave a lecture on [I2CNER] & [Q-PIT]

Students gather for a group photo with Assoc. prof Stephen Lyth

Prof Shigeru Aso gave a lecture about recent study on the space transportation system.

Students had a lab tour with Assoc. Prof Yasuhiro Tani

Joint lecture with Q²PEC

The University of Queensland, Prof Kazuhiro Nogita gave a joint lecture for UQ students as well as Kyushu University students due to participate in the Q²PEC program in Australia next August. The lecture covered [solar and electric vehicles],as well as [university R&D between Australia and Japan].

Special lecture series on Japanese industry

In addition to lectures related to the specific industries to be visited by the students, Prof. Masamichi Kohno and Assoc. Prof. Kohei Higashikawa lectured about the history of Japanese industry and the management philosophy of Japanese manufacturing companies and its context in the modern era.

(left)Prof Masamichi Kohno  (right)Assoc. Prof Kohei Higashikawa

Special lectures on Japanese business customs

As part of its rich cultural heritage, Japan has developed a somewhat unique approach to inter-personal communication during business. In order to give students an in-depth understanding of the business customs of Japan and insight into their origins, Ms. Miwa Gen from the Association of Independent Entrepreneurs gave a lecture including many hands-on practise activities. The students were then able to apply the skills learnt when interacting with company representatives during site visits.

Ms. Miwa Gen with the UQ students following their lecture on Japanese business customs

Industry visits

In order to expose the visiting University of Queensland students to the wealth of industry that Japan, and particularly the Kyushu area, has to offer, a number of industry visits were arranged, including MITSUBISHI heavy Industries, Marine Structure Co., LTD., TOYOTA MOTOR KYUSHU, INC., BRIDGESTONE Kitakyushu Plant, TOTO LTD. and YASKAWA Electric Corporation.

(left)BRIDGESTONE Kitakyushu Plant  (right)TOYOTA MOTOR KYUSHU Inc.is home to the Lexus.

(left)TOTO Museum, showcasing the history of TOTO LTD. since its founding over 100 years ago.   (right)At the Nagasaki Shipyard & Machinery Works of Mitsubishi Heavy Industries.

Students compete against a robot in the YASKAWA Electric Corporation Miraikan

Special lecture on HAKATA GION YAMAKASA

Here the students had the opportunity to learn special knowledge and information of Hakata Gion Yamakasa Festival. This festival was certificated as UNESCO Intangible Cultural Heritage 2 years ago. Assoc. Prof Kohei Hatano gave a lecture on Hakata Gion Yamakasa. He joined Yamakasa festival as a member of team. After a lecture students had a short tour of the festival course on final day.

Assoc. Prof Shigero Aso gave a lecture about HAKATA GION YAMAKASA.

Introduction of KU student circle Planet-Q

Planet-Q is a student club for the study of the space development. The students from Planet-Q gave a presentation of their activities and works to UQ students.

Holding a Hybrid Rocket in their hands

Buddy Meeting

We arranged a special meeting for the participant of UQ-JPIE program2018 and Q²PEC program2018. Both programs aim for exchanging research and education expertise through student exchanges. This was great opportunity to build friendship between our two universities.

The1st UQ-KU Student Workshop

The 1st UQ-KU student workshop is held in this year. 5 groups of UQ students and 4 KU students shared their experience and perspective through the UQ-JPIE and Q²PEC program. Each group gave an comprehensive presentation of their 2-week stay, and the workshop was lively with many questions from the audience.

Closing ceremony

A closing ceremony was held and certificates of participation were awarded by the Dean of the Faculty of Engineering, Prof Yoshio Hisaeda.

(left)Prof Koichiro Watanabe,Vice president of Kyushu university, gave a speech at the closing ceremony  (right)One of the University of Queensland students is receiving their certificate of participation from Prof. Yoshio Hisaeda, Dean of the Faculty of Engineering.

Farewell Luncheon

To mark the end of two busy weeks and celebrate the strengthened bond between parties in Japan and Australia, a farewell party was held. Students shared their experiences and thoughts with each other during the buffet lunch.

(left)Prof Sho Matsumura,,Vice Dean of Faculty of Engennering, gave a speech.  (right)The farewell luncheon marks on great opportunity for new friendship.

Thanks

The staff of the International Education Support Center for Engineering would like to sincerely thank the lecturers for their kind support of this program and the companies involved for allowing us to visit their factories and museums, helping to make this program a great success. We also thank the representatives and tour-guides for taking the time to introduce the facilities and answering questions from students. Special thanks are also directed to the distinguished guests and members of the Australian Consul-General Fukuoka who made time in their busy schedules to help inspire the visiting students and ensure that all could take home comprehensive understanding of Kyushu; both the University and the region as a whole. This year, despite starting under unusually poor weather conditions, the participating students were able to attend lectures and visit representative industries in Kyushu, covering a wide range of engineering fields. The students were able to gain a sense of the current status of Japanese engineering technology and the history of its development, as well as learning about Japanese business culture.

2018年度/平成30年度UQ-JPIE報告

The University of Queensland-Japan program for Industry Experience 2018 (UQ-JPIE)

プログラム概要

平成30年7月2日(月)~7月13日(金)の2週間、オーストラリアのクイーンズランド大学(UQ)機械鉱山工学部から20名の学生を本学工学部に迎え、第2回目である「UQ-JPIE(The University of Queensland-Japanese Program for Industry Experience)」を実施しました。

このプログラムは、豪州政府による重点的な取り組みのひとつであるNCP(新コロンボ計画)によるもので、豪州人学生の留学やインターンシップへの支援を通じて、インド太平洋地域についての造詣を深めることを目的としています。平成27年度に開始した九州大学(KU)とクイーンズランド大学(UQ)との「UQ-KU Project」の取組の一環として、本学とUQが連携して企画し、オーストラリア政府が推進する留学施策「新コロンボ計画」に採択されたものです。プログラム実施に際しては、本学工学部が国際部/国際戦略課と連携し、オーストラリア総領事館など学外の団体、企業からも協力支援を頂きました。

学生たちは、プログラム中に様々な講義や九州にある日本を代表する企業見学などを通して、幅広い工学分野の知見を得るとともに、産業界の現況を含む日本の工学技術の発展の歴史やビジネスマナーや、文化面では博多祇園山笠について学びました。また、本学工学部の短期研修プログラム「Q²PEC」でクイーンズランド大学に8月から5週間滞在する予定の学生が「バディ」となり、滞在中のUQの学生をサポートし、学生同士の交流活動も活発に行うことができました。

オープニングセレモニー

7月2日(月)に本プログラムの第2回オープニングセレモニーを挙行し、イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事からUQ学生へ激励のお言葉を頂きました。20人の学生は緊張した面持ちではありましたが、これから始まる2週間のプログラムに対し、やる気に満ち溢れている様子でした。

九州大学 久保総長 挨拶
イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事 祝辞
記念写真
クイーンズランド大学の学生(UQ生)
松村副研究院長 開会の辞
園田副研究院長 閉会の辞

歓迎会

オープニングセレモニー後にランチ歓迎会を開催し、若山理事が乾杯の挨拶を行いました。食事をとりながら和やかな雰囲気の中、UQ学生がプログラムの意気込みを九大関係者と共有しました。

九州大学若山理事 乾杯の挨拶
UQ生代表イザベル・フレミングさん 挨拶
九大生代表 小澤 翼さん 挨拶
歓迎会の様子

イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事 特別講義

プログラム初日、九州の経済について深く理解を得るために、イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事より講義をして頂きました。そこで、九州の経済がオーストラリアとどのような関係を持ち影響しているかということや、経済の成り立ちについてUQ生は理解を深め、非常に充実したプログラムスタートとなりました。

イアン・ブレイジア 駐福岡オーストラリア総領事 講義の様子

講義①: 工場見学事前講義

見学先でより理解を深め充実した見学となるよう、それぞれの分野における工場見学の事前講義を行いました。 ブリジストン 北九州工場見学は、社会基盤部門のHazarika Hemanta教授より「サーキュラーエコノミー・タイヤ」について、三菱重工海洋機構 長崎造船所見学は、海洋システム工学部門の後藤浩二教授より「造船工業」について、安川電機工場見学は情報知能工学部門の倉爪亮教授より「ロボット」について、新日鐵住金八幡製鐵所見学は、「鉄鋼」について材料工学部門の田中將己准教授の研究室訪問を行いました。今年度は、天候不順などの影響もあり、スケジュール変更を余儀なくされやむなく事後講義となったものもありましたが、学生達は見学後に講義を受けることでも、より理解が深まったようで充実した講義となりました。

 Hazarika Hemanta教授 「サーキュラーエコノミー・タイヤ」 講義

後藤教授  「造船工業」講義
倉爪教授 「Robotics」講義
森川助教授によるラボツアー

講義②: 本学の先端研究紹介に基づいた講義

水素材料先端科学研究センターより杉村丈一教授、超顕微解析研究センターより松村晶教授、航空宇宙工学部門より麻生茂教授、谷泰寛准教授、カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)よりStephen Lyth准教授、最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)より安達千波矢教授、ドクターW.J.Potscavage 計 7人の講師より、九州大学における先端研究についての講義と最先端の研究施設を紹介しました。

安達教授「OPERA」講義
ドクターW.J.Potscavage 最先端有機光エレクトロニクス研究(OPERA)のラボツアー
杉村教授 「Hydrogenious」講義
松村教授 「超顕微解析研究センター」 ラボツアー
Stephen准教授と水素貯蔵施設での集合写真
麻生教授 「航空宇宙工学」講義
谷准教授 「風洞」ラボツアー

講義③: クイーンズランド大学 野北 和宏教授の特別講義

クイーンズランド大学の野北和宏教授より、クイーンズランド大学へ九大生を8月に派遣するQ²PECプログラムとの合同講義を頂きました。講義内容は、ソーラーエネルギーによる電気自動車に関する事や、オーストラリアと日本における企業との研究開発について、Q²PECに参加する九大生とUQ生を交えて計2回実施されました。

クイーンズランド大学 野北教授による講義

講義④: 日本の産業に関する講義

今年度は、河野正道教授と東川甲平准教授より、日本産業の歴史と発展、産業ビジネスにおけるリーダーの育成、在り方について講義を行いました。講義内容は、環境問題や持続可能なエネルギーについて等多岐にわたり、UQ生は日本産業の背景から産業分野全体について幅広く学ぶことができました。

河野教授 講義
東川准教授 講義

講義⑤: 日本のビジネスマナー講義

昨年度に引き続き、地域企業連合会 九州連携機構の元美和様より、日本のビジネスマナーについて講義をして頂きました。UQ学生は日本のビジネスシーンにみられる、名刺の渡し方や、会議における座席の位置、取引先との挨拶の仕方など、日本のビジネスマナーを学ぶことができました。オーストラリアと日本のビジネス習慣の相違点を学ぶと共に、工場見学の際、企業の担当者様と名刺交換を行うなど実践にも繋がりました。UQ生達はなれない慣習に戸惑い、カルチャーショックを受けていましたが、改めて両国の文化の違いを知りそれぞれにメリット、デメリットがあることや、双方の文化や習慣を尊重する事の大切さを学びました。

講義の様子
名刺交換を練習しているUQ生
講師 元様との集合写真

日本を代表する企業の工場見学

このプログラムの主なテーマの一つである、日本を代表する企業様への工場見学を行いました。今年度は㈱ブリジストン様、新日鐵住金八幡製鐵所様、トヨタ自動車九州㈱様、三菱重工船舶海洋㈱様、㈱安川電機様、TOTO㈱様の工場やミュージアムを訪問しました。昨年の参加者にも大変好評でありましたが、今回も初めて工場見学に行くUQ学生がほとんどでしたので、日本が世界に誇る産業技術を直接見て学び、非常に充実した訪問となりました。

(株)ブリヂストン様 北九州工場
トヨタ自動車九州㈱様のPR館
TOTOミュージアムにて会社設立からの歴史を学ぶ様子
三菱重工船舶海洋㈱様 長崎造船所香焼工場
㈱安川電機様 みらい館にて見学の様子

博多祇園山笠特別講義

滞在中に開催されていた博多祇園山笠について、毎年山笠に参加されている本学の畑埜晃平准教授が特別講義を行いました。講義の後は、中洲川端商店街を中心に、最終日である「追い山」にて実際に走るコースを見学しました。幸いにも見学中に臨場感あふれる子供山笠と遭遇し、学生達は大変興味深く見学しており、非常に貴重な経験となりました。

川端商店街の飾り山の前で
畑埜准教授 「博多祇園山笠」講義の様子

九大生との交流-① Planet-Qの紹介

同じ志を持つ学生同士の交流を深めるため、九州大学公認の宇宙開発体験サークル“Planet-Q”と交流しました。Planet-Qはハイブリッドロケットの製作や打ち上げなど、宇宙開発に関わる活動を行っているサークルで、UQ生達も活動の幅広さに感銘を受けた様子でした。

ハイブリッドロケットを抱えて記念撮影

九大生との交流-②九大Q²PEC参加学生「バディ」との顔あわせ

本学工学部の短期研修プログラム「Q²PEC」でクイーンズランド大学に8月から5週間滞在する予定の九大生が、滞在中のUQ学生の生活をサポートする「バディ」となり、プログラム1週目にそれぞれのバディ顔合わせをしました。

自己紹介する九大生とUQ生の様子

UQ-KUワークショップと閉会式

今年度は、Workshopの形式をとり、クイーンズランド大学(UQ)学生と昨年度Q²PECに参加した九州大学(KU)学生が、それぞれのプログラムを通して学んだことや課題について、九大学生は代表者4名、UQ学生は4人ずつ5チームに分かれてそれぞれプレゼンテーションを行いました。各グループが趣向を凝らした発表形式で、途中活発な質問が飛び交うなど、まさに2週間を締めくくるにふさわしい集大成のWorkshopとなりました。 また、閉会式では本学の渡辺副理事と久枝工学研究院長よりUQ生の輝かしい未来に向けて、激励のメッセージを送り、日本の受賞式典の形式に沿って久枝研究院長からUQ生へ修了証授与式を行いました。

2017年度Q²PEC参加の九大生プレゼンテーション
UQ学生プレゼンテーション

久枝工学研究院長とUQ学生  修了証授与
渡邊副理事挨拶

送別会

九大学生が中心となって送別会の運営・司会進行を行いました。プログラム中にUQ学生と「バディ」を組んでいた九大生や、プログラム中に講義を担当した講師が参加しました。この2週間の滞在で交流の深まったUQ生と九大生や、講義を担当してくださった講師の方々も交えて、話題は尽きない様子で終始大変な盛り上がりをみせ、最後は松村副研究院長による、博多一本締めを行い、プログラムの終了を祝うこととなりました。

UQ生と九大生
James Cannon准教授とUQ生 
松村副研究院長より博多一本締め

謝辞

この度、2018年度UQ-JPIEプログラム(The University of Queensland-Japanese Program for Industrial Experience)の2週間において、工場見学を快く引き受けてくださいました企業様、関わっていただいた講師の方々や関係者の皆様からのご支援、ご協力のおかげで無事にプログラムが終了出来ましたこと、工学研究院附属国際教育支援センターより心より御礼を申し上げます。また、在福岡オーストラリア総領事館の皆様におかれましては、多大なるご尽力をいただき感謝いたします。

期間中は、予期せぬ天候不順にも見舞われましたが、UQ学生たちは講義やフィールドトリップなどを通して、日本が世界に誇る産業技術を直接見て学び、産業界の現況を含む日本の工学技術の発展の歴史や、日豪のビジネス習慣の違いを体験するなど、非常に充実した2週間となりました。本プログラムに参加したUQの学生たちが、今回のプログラムで学んだことを今後のキャリアに生かし、また、日本とオーストラリアの架け橋となってくれることを期待しています。

今後とも一層のご厚誼ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年度/平成29年度UQ-JPIE報告

プログラム概要

平成29年7月3日(月)~7月14日(金)の2週間、オーストラリアのクイーンズランド大学(UQ)工学部から15名の学生を本学工学部に迎え、「UQ-JPIE(The University of Queensland-Japanese Program for Industry Experience)」を実施しました。

このプログラムは、平成27年度に開始した九州大学(KU)とクイーンズランド大学(UQ)との「UQ-KU Project」の取組の一環として、本学とUQが連携して新たに企画し、オーストラリア政府が推進する留学施策「新コロンボ計画」に採択されたものです。プログラム実施に際しては、本学工学部が国際部/国際交流推進室と連携し、オーストラリア総領事館、九州経済連合会など学外の団体、企業からも協力支援をいただきました。

学生たちは、プログラム中に様々な講義や九州・山口にある日本を代表する企業見学などを通して、幅広い工学分野の知見を得るとともに、産業界の現況を含む日本の工学技術の発展の歴史やビジネスマナーなどを学びました。また、本学工学部の短期研修プログラム「Q²PEC」でクイーンズランド大学に8月から5週間滞在する予定の学生が「バディ」となり、滞在中のUQの学生をサポートし、学生同士の交流活動も活発に行うことができました。

オープニングセレモニー

プログラム開始日の7月3日(月)には、オープニングセレモニーを挙行し、イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事からも激励のお言葉をいただきました。

九州大学 久保総長によるご挨拶
工学研究院 髙松研究院長による開会挨拶
懇親会の様子

講義①: 工場見学事前講義

見学先でより理解を深め、充実した見学となるよう、各企業様の工場見学へ行く前に、情報知能工学部門の倉爪亮教授より「ロボット」について、応用科学部門の林克郎教授より「セラミクス」について、海洋システム工学部門の後藤浩二教授より「造船工業」について、材料工学部門の大野光一郎准教授、齊藤敬高准教授より「鉄鋼」について5名の講師がそれぞれの分野に基づいた工場見学事前講義を行いました。

倉爪教授による「ロボット工学」の事前講義にて集合写真
林教授による「セラミクス」の事前講義の様子
後藤教授による「造船工業」事前講義の様子

講義②: 本学の先端研究紹介に基づいた講義

地球資源システム工学部門より渡邊公一郎教授、エネルギー量子工学部門より松村晶教授、環境社会部門より馬奈木俊介教授、カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)よりStephen Lyth准教授、最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)よりドクターW.J.Potscavage 5人の教員により、九州大学における最新研究成果についての講義と最先端の研究施設が紹介されました。

ドクターW.J.Potscavageによる最先端有機光エレクトロニクス研究(OPERA)のラボツアー
松村教授による超顕微解析研究センター紹介の様子
Stephen准教授と水素貯蔵施設での集合写真
渡邊教授による日本鉱業の歴史と将来のエネルギーについて講義の様子

講義③: 日本の産業に関する講義

工学研究院 太田和秀特任教授より、日本産業の歴史と発展、産業ビジネスにおけるリーダーの育成、在り方について講義を行いました。また、UQ生は環境問題や持続可能なエネルギーについても学び、日本産業の背景から産業分野全体について幅広く学びました。

講義④: 日本ビジネスマナー講義

地域企業連合会 九州連携機構の元美和様より、日本ビジネスマナー講義をしていただきました。UQ学生は日本のビジネスシーンにみられる、名刺の渡し方や、会議における座席の位置、取引先との挨拶の仕方など、日本のビジネスマナーを学びました。このビジネスマナーを学ぶことにより、実際に工場見学をした際、企業の担当者様と名刺交換を行うなど実践に繋がりました。

名刺交換を練習している様子
九州連携機構の元美和様との集合写真

一般社団法人 九州経済連合会様への訪問

九州の経済について深く理解を得るために、(一社)九州経済連合会様へ訪問し、「九州企業発見・体験プログラム」の講義を受講しました。そこで九州の経済がオーストラリアとどのような関係を持ち、影響しているかということを、イアン・ブレイジア駐福岡オーストラリア総領事よりお話いただき、九州における経済の成り立ちについて理解をより深めました。また、九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様より九州電力のエネルギー事業について講義をしていただきました。

九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様より講義の様子
(一社)九州経済連合会 会長 麻生泰様と九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様との集合写真

日本を代表する企業の工場見学

このプログラムの主なテーマの一つである、九州・山口の日本を代表する企業様の工場見学を行いました。

㈱安川電機様、新日鐵住金八幡製鐵所様、㈱日立製作所様、トヨタ自動車九州㈱様、TOTO㈱様、三菱重工船舶海洋㈱様の工場やミュージアムを訪問させていただきました。

㈱安川電機様 みらい館にて見学の様子
 ㈱日立製作所様 笠戸事業所を見学した際の集合写真
トヨタ自動車九州㈱様のPR館にて集合写真
TOTO㈱様のTOTOミュージアムにて会社設立からの歴史を学ぶ様子
三菱重工船舶海洋㈱様の長崎造船所香焼工場を見学した際の様子

九州大学工学部機械航空工学科の紹介

今回の参加者に機械航空系の学生が多いことから、航空宇宙工学部門の麻生茂教授より機械航空工学関係の教育研究の紹介が行われ、主に研究している宇宙輸送システムについて紹介されました。

クイーンズランド大学 David Mee教授による特別講義 

クイーンズランド大学David Mee教授がプログラム期間中、特別訪問され、本校の航空工学専攻修士学生へ向けて特別講義(演題:“Boundary-Layer transition in hypersonic flows”)をしていただきました。

報告会と閉会式

プログラムに参加をしたUQ学生15名が、2週間のプログラムを通して得た経験や学んだことについて、3人ずつ5チームに分かれてそれぞれプレゼンテーションをしました。また、閉会式では九州電力㈱国際ソリューショングループ グループ長の西正貴様よりご挨拶をいただきました。

UQ学生による報告の様子
センター長 陳教授からの修了証授与

送別会

九大学生が中心となって送別会を運営・司会進行しました。プログラム中にUQ学生と「バディ」を組んでいた九大生など多くの学生が参加しました。また、プログラム中に講義を担当した講師の方々にも参加していただき、終始大変な盛り上がりをみせました。

九大生からUQ学生への贈り物
送別会にて参加者の集合写真

謝辞

この度、2017年度UQ-JPIEプログラム(The University of Queensland-Japanese Program for Industrial Experience)の2週間において、工場見学を快く引き受けてくださいました企業様、関わっていただいた講師の方々や関係者の皆様からのご支援、ご協力のおかげで無事にプログラムが終了出来ましたこと、工学研究院附属国際教育支援センターより心より御礼を申し上げます。また、九州経済連合会の皆様におかれましては、多大なるご尽力をいただき感謝いたします。

今後とも一層のご厚誼ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017 UQ-JPIE

The University of Queensland-Japan program for Industry Experience (UQ-JPIE)

Overview

This was an intensive 2-week program supported by the New Colombo Plan of the Australian government and held in July 2017, designed to give selected Australian student engineers from the University of Queensland the opportunity to learn about the world-leading research and industries of Japan. During this program, 15 students attended seminars on cutting-edge engineering research at Kyushu University and conducted visits to leading Japanese industries, either based or with a large presence in the Kyushu area, such as TOYOTA MOTOR KYUSHU,Inc. and YASKAWA Electric Corporation. Furthermore, the students had the opportunity to study about Japanese Business Culture and become familiar with the Kyushu area in general.

Opening Ceremony

The opening ceremony was held on Monday 3rd of July. Distinguished guests present included Prof. Chiharu Kubo, president of Kyushu University and Mr. Ian Brazier, Australian Consul-General Fukuoka.

(left) President of Kyushu University, Dr. Chiharu Kubo, gives a speech at the opening ceremony; (middle) Dean of the School of Engineering, Prof. Hiroshi Takamatsu, gives a speech at the opening ceremony; (right) A small lunch-party held after the ceremony to welcome the students.

Lectures: Industry pre-visit seminars

To prepare students for site visits, a series of 4 lectures from faculty specialist in relevant areas were given, such as a seminar about the Steel Industry by Prof. Ko-ichiro Ohno and Prof. Noritaka Saito. Here students were able to gain important background understanding to enable them to get the most out of their industrial visits.

(left) Students with Prof. Ryo Kurazume and a robot during the robotics pre-visit seminar; (right) A demonstration during the seminar by Prof. Katsuro Hayashi about ceramic technology.

Prof. Koji Gotoh gives students an introduction to LNG carriers and hull construction, prior to the visit to the Nagasaki Shipyard & Machinery Works of Mitsubishi Heavy Industries.

Lectures: World-leading research at Kyushu University

To exemplify the world-leading research being carried out at the School and Faculty of Engineering, students attended a number of seminars and lab visits with leading faculty members, including an introduction to urban Engineering and management with Prof. Shunsuke Managi and an overview of the mining history of Japan with Prof. Koichiro Watanabe.

(left) Dr. Potscavage explains to students during a tour of the Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA); (right) Prof. Syo Matsumura gives a lecture about electron microscopy research being carried out at Kyushu University.

Students have a lab tour with Assoc. Prof. Stephen Lyth, including a visit to Hydrogen storage facilities.

Special lecture series on Japanese industry

In addition to lectures related to the specific industries to be visited by the students, Prof. Kazuhide Ohta gave a 5-part mini course covering the history of Japanese industry and its context in the modern era.

Professor Kazuhide Ohta gives a lecture on Japanese industry.

Special lectures on Japanese business customs

As part of its rich cultural heritage, Japan has developed a somewhat unique approach to inter-personal communication during business. In order to give students an in-depth understanding of the business customs of Japan and insight into their origins, Ms. Miwa Gen from the Association of Independent Entrepreneurs gave a double-lecture including many hands-on practise activities. The students were then able to apply the skills learnt when interacting with company representatives during site visits.

Ms. Miwa Gen (center) with the University of Queensland students following their lecture on Japanese business customs.

Visit to the Kyushu Economic Federation

In order to gain in-depth knowledge about industry in the Kyushu region, students were kindly welcomed by the Kyushu Economic Federation in Tenjin to take part in the Kyushu Experience and Explore Program. Here the students had the opportunity to learn important background information not only about the Kyushu area and its industry but also its links to Australia, as outlined including a lecture by Mr. Ian Brazier of the Australian Consul-General Fukuoka. Time was also given over to free discussion and networking.

Mr. Masaki Nishi from Kyushu Electric Power Co., INC., gives a short lecture on the energy services business sector.

Students gather for a group photo with the Mr. Yutaka Aso, Chairman of the Kyushu Economic Federation (front row, third from left), Mr. Masaki Nishi of Kyushu Electric Power Co., INC. (far left) as well as Prof. John Chen, director of the International Education Support Center for Engineering at Kyushu University (far right).

Industry visits

In order to expose the visiting University of Queensland students to the wealth of industry that Japan, and particularly the Kyushu area, has to offer, a number of industry visits were arranged, including Hitachi Ltd. Rail System Company, Kasado Works and TOYOTA MOTOR KYUSHU, INC.

(left) Students compete against a robot in the YASKAWA Electric Corporation Miraikan; (right) Group photo at Hitachi Ltd. Rail System Company, Kasado Works.

TOYOTA MOTOR KYUSHU, INC. is home to the Lexus, and students had the opportunity to see this car being produced and learn about the philosophies underlying the construction process.

Students not only had the opportunity to visit the TOTO LTD. to see the ceramic products being built, but also had a tour of the recently-opened  TOTO museum, showcasing the history of TOTO LTD. since its founding over 100 years ago.

Students pose with large cranes at the Nagasaki Shipyard & Machinery Works of Mitsubishi Heavy Industries.
Students also had the opportunity to visit NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION YAHATA WORKS in Kitakyushu city.

Introduction to the Mechanical and Aerospace Engineering course at Kyushu University

In addition to learning about the wide variety of industry in Japan, students also learned about the host institution, Kyushu University, and the courses and laboratories in Mechanical and Aerospace Engineering.

Prof. Shigero Aso gives an overview of the Mechanical and Aerospace course on offer Kyushu University

Special lecture by Prof. David Mee of the University of Queensland

Prof. David Mee of the University of Queensland gave a special lecture to Kyushu University Aerospace students.

Prof. David Mee gives a special lecture to Kyushu University students.

Group presentations and closing ceremony

University of Queensland students were given the opportunity to make a short presentation about their thoughts and experiences during their two week stay in Japan. In addition, a closing ceremony was held and certificates of participation were awarded by the Director of the International Education Support Center for Engineering, Prof. John Chen. This was followed by a short farewell party.

(left) Students from the University of Queensland reflect on their 2-week experience on the JPIE program; (right) One of the University of Queensland students receiving their certificate of participation from Prof. John Chen, Director of the International Education Support Center for Engineering.

Farewell party

To mark the end of two busy weeks and celebrate the strengthened bond between parties in Japan and Australia, a farewell party was held.

Students share their experiences and thoughts with each other during the buffet lunch.
The farewell party marks an opportunity for new friends to exchange gifts.
Participants of the farewell party gather for a final group photo.

Thanks

The staff of the International Education Support Center for Engineering would like to sincerely thank the lecturers for their kind support of this program and the companies involved for allowing us to visit their factories and museums, helping to make this program a great success. We also thank the representatives and tour-guides for taking the time to introduce the facilities and answering questions from students. Special thanks are also directed to the distinguished guests and members of the Kyushu Economic Federation who made time in their busy schedules to help inspire the visiting students and ensure that all could take home comprehensive understanding of Kyushu; both the University and the region as a whole.